\タイ人が日本語で答える"ANNGLE-Q"/
Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed

タイで多店舗展開する4大コーヒーショップとは?

タイの4大サードプレイス
タイの4大サードプレイス

「サードプレース」という言葉はスターバックスが作った有名な言葉ですが、今や全世界のコーヒー屋さんが使うようになりました。そして、タイも年々サードプレイスが増える時代になりました。

今回はタイ国内で多店舗展開する4大コーヒーショップをご紹介。

ture Coffee / トゥルーカフェ:100店舗

インターネット・プロバイダーでもあるTRUEのトゥルーコーヒーは、モダンなデザインで、若いネット好きが集う場所というのがコンセプト。

true coffee
true coffee

Coffee World / コーヒーワールド・100店舗

基本的に甘くてタイ人好みのコーヒーを出す「CoffeeWorld」。コンセプトは便利でお洒落な、高級リビングにいるような雰囲気をイメージしているようです。

CoffeeWorld
CoffeeWorld

Starbucks / スターバーックス:タイ国内200店舗

家と職場との間にあるおしゃれな空間を作る「スターバーックスコーヒー」。タイでも世界のコーヒーを揃え、定期的にプロモーションを打ちながら、バリスタのフレンドリーな接客を誇るお店。

STAR BACKS COFFEE
STAR BACKS COFFEE

Cafe Amazon / カフェアマゾン:800店舗

全店舗の85%がフランチャイズで、タイ国内最大店舗数を誇る「カフェアマゾン」。主にガソリンスタンドで店舗を構える同店舗は、運転手の休憩場所として、日本でいうところの”道の駅”的な存在。

cafe Amazon
cafe Amazon

あっちこっち見ても、カフェだらけなバンコクの街。そして、今後も減ることなく、むしろ増えていく一方。美味しいコーヒー以上に、何か差別化が図れるものが求められる時代になりつつある。カフェ市場は今後も注目すべきであろう。

オススメ記事
タイのサトウキビ生産量が2年連続減少!日本の菓子業界にも影響必至?... タイの主力農産物の一つサトウキビ。その生産減少が来年以降も続く見通しであることが分かった。タイ製糖協会(Thai Sugar Millers Corporation)によると、2012/13年度(10月~翌9月)のサトウキビの生産量は最大でも9500万トンに止...
AECの波及効果?バンコク・スクンビット沿線でコンドミニアムの「1棟買い」が増加。買っているのは日系資本!?... 2015年末の発足まで2年半を切ったASEAN経済共同体(AEC)。工場の域内分散や輸送ルートの新たな開拓など企業活動の活性化が期待されているが、ここに来て、こうした動向を見据えた新しい住宅供給の動きがバンコクで加速している。 日本人が多く住むバ...
タイの携帯電話契約数は9940万件!年間増加率は約10%... NBTC(タイ放送通信委員会)によるとタイ国内の携帯電話契約数は2013年11月現在で9442.4万件で、年間の増加率は約10%となる見込みだ。 携帯電話キャリア各社の契約数はAIS(アドバンスド・インフォ・サービス)が4076.2万件、DTAC(トータ...
タイの経済成長と日系飲食業界のつながり 調な経済成長が進むタイ。国民の平均所得は上がり中間層や富裕層に分類される所得層が増加、今後も増え続けることが見込まれている。 経済発展とともに、街には高級飲食店をはじめ、西欧、中国、韓国、インドなど、さまざまな国の飲食店や、大型スーパーマーケット、コンビ...
タイ人キュレーター
よく見られてる一本
タイのプレミアムナンバー
電話番号のオークションが開催 約1400万バーツの収益