日本に負けてない?タイのセブンイレブン

どこにでもあるタイのセブンイレブン
どこにでもあるタイのセブンイレブン

日本に次いで世界で第二位

タイのセブンの支店数は、日本に次いで世界で第二位。日本とタイの人口とそれぞれの国の支店数から比較してると、タイ人の一人当たりの平均利用率は日本に負けていないことがわかる。

日本、タイ、韓国、アメリカ
日本、タイ、韓国、アメリカ

タイのセブンイレブンの規模

日本のセブンイレブンの店舗数は20033店舗、タイは10300店舗、日本の店舗数がタイの約二倍。しかし人口で見みると日本の人口は1億2700万人、一方タイは6500万人。人口を店舗数で割ると、日本のセブンの利用者は一店舗当たり6340人となる。

タイは、一店舗当たり6310人。なんとほぼ同じという結果が。つまり日本のセブンの方が店舗数が多いのは単にタイより人口が多いからであるということがわかる。

タイのセブンイレブンの未来

興味深いのは、タイの国土が日本よりも135,176㎢大きいということである。これはつまりこの先店舗数を拡大していく上で、日本よりもタイの方が市場としての未来があるということである。タイのセブンは今後も事業拡大予定、2020年までに店舗数を13000店舗まで伸ばすことを目標に掲げている。タイのセブンが日本の店舗数を追い越し世界一となる日も近い?!

少なくとも決して実現不可能ではない。

source:marketeeronline

あなたにオススメの3本
バンコクで日本語が通じるレンタルオフィスまとめ 海外で飲食店や工場設立までの仮拠点として便利なのが、レンタルオフィス。 タイ国内も最近では接待家具やOA機器、会議室オプションなどワーキングスペースだけではなく、東南アジア展開に必要な秘書や通訳などの様々な便利サービスで初進出の企業も安心して利用できる本...
頑張る企業を応援する「北海道経済ミッション」が開催!タイ航空直行便就航も話題に!... 北海道とタイの企業間活動の促進を図ろうと、北海道と日本貿易振興機構(JETRO)が共催する「北海道経済ミッション」が1日、バンコクのドゥシタニホテルを会場に開かれた。北海道の多田健一郎副知事やJETROの井内摂男バンコク事務所長ら道とJETROの関係者のほか、...
よく当たる? チュラロコーン大学構内で果物を売るフルーツおじさんは手相名人!... 「おじさん!私の手相を見てもらえますか?」 「はいよ、両手を広げてごらん!」 タイの名門チュラロコーン大学(バンコク)構内の夕暮れ時。一日の授業を終えて家路につく学生たちが、必ずと言っていいほど立ち寄るのが「ルン・クルット(フルーツおじさん)」の屋台。...
Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed
よく見られてる一本
タイで急な発熱にはこれが効く