\タイ人が日本語で答える"ANNGLE-Q"/
Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed

飲み代を運ぶ名物犬が大人気!バンコク・スクンビット38の屋台街が熱い!

Last updated:

狭いエリアに100近い屋台がびっしりと建ち並ぶバンコク、スクンビット・ソイ38の屋台街。会社帰りのOLや既にほろ酔い加減のサラリーマンが気軽に立ち寄るタイ料理のローカル飲食街である。テーブルの直ぐ横をタクシーが通るほどの狭い一角。ここに、名物の「飲み代を運ぶ犬」がいる。

名前は「ノムソット」。4歳の雑種犬。頼りない風貌だが、れっきとした雄犬だ。ホイ・トート(貝などと野菜の炒め物)などを提供するシーフード屋台で飼われている。

「チェックビン・ドゥーワイ!(お勘定して!)」。勘定を求める客の声が響くと、それまで地べたに寝そべっていたノムソットはムックリと立ち上がり、客のテーブルに向かって歩き出す。だが、その姿に勇ましさは微塵も感じられない。いかにも、けだるそうなゆっくりとした足取り。

「350バーツです!」。屋台越しに声をかけられた客は、足下にやって来たノムソットに向かって紙幣を差し出す。ノムソットはゆっくりと口を開くと紙幣をくわえ、店の奥にいる店主の元へ戻っていく。

飼い主の店主によると、ノムソットがいつからお金を運ぶようになったかは「マイ・ルー(知らない)」。ただ、それから僅かだが客足も多くなって来たといい、営業に一役買っていることだけは確かなようだ。

こちらの記事どうぞ
タイプレミアリーグ「バンコク・グラス」の選考会にセレッソのコーチが参加... サッカーのタイプレミアリーグ「バンコク・グラスFC」の12歳以下(U-12)のセレクション(選考会)が21日と22日の両日、本拠地のレオ・スタジアム(パトゥムターニー県)で開かれ、小学生ら307人が参加した。今年初めにプレミアリーグからの引退を表明した丸山良明...
民主化進むミャンマーで7月に初の交響楽団クラッシックコンサート。 日本人指揮者の福村芳一氏が指導のため渡航へ!... 民主化の進む東南アジア・ミャンマーで、同国で唯一の国立交響楽団が7月半ば、国内で初めてとなる本格的なクラッシック・コンサートを開く。指導・育成役として日本人指揮者・福村芳一氏が招聘されることも決まり、今月下旬にも渡航の予定。「音楽を通じての日本とミャンマーの架...
ミャンマー・ダウェーで進む深海港プロジェクトが、日本も参加して本格始動へ!... 新たな産業回廊としての期待が高まる東南アジア・ミャンマー南東部の都市ダウェー近郊。年間降雨量が5000ミリを超す熱帯の一漁村が注目されるのは、ここにミャンマー政府が検討を進める深海港や工業団地など巨大なインフラ計画があるからに他ならない。その開発計画が事業調査...
タイ セントラルグループの店舗別売り上げランキング... 不景気と言われながらも日々都市開発が進むバンコク。その中で攻めの姿勢を崩さないのがタイ最大の小売りチェーン「セントラルグループ」。 今回は同社のショッピングモール別売上ランキングを発表します。 セントラルグループの売上げランキングトップ5 5...
メディア
よく見られてる一本
北海道のラジオチャンネル”North Wave”がタイ洪水の義援金活動