Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed

スタバのコーヒーの利益率は、屋台のコーヒーよりも低い!?

タイのスタバと屋台コーヒー
タイのスタバと屋台コーヒー

 タイで273店舗を展開する世界的コーヒーチェーンのスターバックス。興味深いのはその利益率だ。スターバックスの純利益率は実は13%しかない。コーヒー一杯当たりの金額を平均130バーツとすると、一杯当たりの利益はたった17バーツにしかならない。

その理由は原価の高さである。ロケーションが良い場所に出店するため賃料が高く、また所得税や店舗装飾費、店の管理費などの費用負担もある。平均して、スターバックスが販売する最初の100杯は賃料の支払いに充てられ、次の200杯がその他経費に充てられる。つまり一日で最低300杯は売らないと赤字になってしまうのである。

タイのスターバックス

ブランド店舗 VS 路上屋台

 一方、屋台のコーヒーはどうだろう。販売価格30バーツに対して原価は約10バーツ、差し引いた利益は20バーツとなり、一杯当たりの利益はスターバックスよりも高い。その最大の要因は経費の少なさである。屋台では賃料・店舗装飾費・税金は0バーツなのだ。また、屋台はもし売れ行きが良くなければ場所を変えて販売できる。経費負担が少ないため1杯目から利益が出始め、サラリーマンの多いビルの前など、良いロケーションで販売することだって可能なのだ。

屋台のコーヒー屋
屋台のコーヒー屋

 ここから見えてくるのは、屋台のコーヒーの方がスターバックスのコーヒーよりも利益率が高く、しかもリスクはより低い、ということである。屋台が負担しているものは、原材料費と、少しの備品代と、そして自身の労働力だけ。しかし最も重要なことは、毎日は働きたくないということなのだが…。

Source:finnomena

あなたにオススメの3本
大洪水の写真なども展示-「BOI FAIR2011」が2日間延期 タイ投資委員会(BOI)が今月5日からバンコク郊外・ノンタブリ県のイベント施設「IMPACT」で開催している環境産業展「BOI FAIR2011」。当初見込みより入場者が好調だったことから日程を2日間延期し、この週末を含む22日までの開催となった。入場無料。 ...
タイの経済成長と日系飲食業界のつながり 調な経済成長が進むタイ。国民の平均所得は上がり中間層や富裕層に分類される所得層が増加、今後も増え続けることが見込まれている。 経済発展とともに、街には高級飲食店をはじめ、西欧、中国、韓国、インドなど、さまざまな国の飲食店や、大型スーパーマーケット、コンビ...
タイに来る日本人駐在員に期待すること 今回はローカル社員から見た駐在員の話です。ちょっと真面目な、厳しめのお話。 私たちはお世話係ではない 先日、同僚(タイ人女性)からこんなことを言われました。「Aさん(駐在員・管理職)はいつまでたってもやるべき仕事を理解してくれない。英語ができないのか、...
よく見られてる一本
紛失した「人民党プレート」 ©soimilk
今、タイで話題の「立憲革命記念プレート紛失」からタイの歴史を垣間見る