タイのショッピングモールを蘇らせる日本人デザイナー

(C)siamdiscovery
(C)siamdiscovery

2月23日、タイのサイアム ピワット社は、今年の4月~6月にリニューアルオープン予定のサイアムディスカバリー(ショッピングモール)の新コンセプトを発表しました。

新サイアムディスカバリーの外観
新サイアムディスカバリーの外観

日本の「nendo」がデザインを担当

サイアムパラゴンやサイアムセンターなど、有名商業施設の運営・開発する同社。新しいサイアムディスカバリーのデザインは、東京とミラノを拠点に、建築、インテリア、プロダクトなど幅広いデザインを手掛ける「nendo」の佐藤オオキ氏が担当。

これまでの商業施設の様にブランド品だけをメインに揃えるのではなく、「lifestyle」というコンセプトに沿って若者の興味や関心に合わせたサービスを提供する。総投資額は40億バーツ(約120億円)。

(C)siamdiscovery
(C)siamdiscovery

Siam Discovery
Facebookファンページ
公式ホームページ
source:nationmultimedia

あなたにオススメの3本
タイ人と働くということ 先日、ある駐在員さんと話をしているときにこんなことを言われました。 「どんなに日本語が上手でも、やっぱり心の機微というか、空気を読むというか、そういうのはタイ人には無理なんだねぇ。ここはもっと教えないといけないところだね」 その方は私より年齢も上な...
AECの波及効果?バンコク・スクンビット沿線でコンドミニアムの「1棟買い」が増加。買っているのは日系資本!?... 2015年末の発足まで2年半を切ったASEAN経済共同体(AEC)。工場の域内分散や輸送ルートの新たな開拓など企業活動の活性化が期待されているが、ここに来て、こうした動向を見据えた新しい住宅供給の動きがバンコクで加速している。 日本人が多く住むバ...
AECって言うけれど…加盟各国の結びつき度合いを見る... 「AECって言うけれど…。」シリーズ3回目は、ASEAN加盟各国が世界中のどの国と結びつきが強いのかをまとめたデータ。貿易相手国ごとに輸出額と輸入額の和=貿易総額を比較、結びつきの強い順に%で表してある。(出典はいずれもIMF) まずは、上図、域...
Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed
よく見られてる一本
バンコクの4大高層ビル
2020年までに完成するバンコクの4大高層ビル