タイ国内一位の店舗数を誇るセブンイレブンがスゴイ

タイのセブンイレブンがスゴイわけ
タイのセブンイレブンがスゴイわけ
Last updated:

タイの町中は右も左もセブンイレブン。バンコク都内では数十メートル間隔でセヴェンが存在し、タイ人の生活を支えていると言っても過言ではないでしょう。

日本が誇るコンビニエンスストア「セブンイレブン」は、何故にスゴイのか?そんなユニークな情報を見つけましたのでご紹介します!

これがタイのセブンイレブンのスゴさ

1日に来店する数は平均1600人で、客単価は60B。タイ全土の店舗で1日に25,000,000個〜30,000,000個の商品が売れ、人口の半分がセブンイレブンを利用したことがあると答えました。

各店舗に並ぶ商品の80%は食べ物などの食料品で、残り20%が雑貨と日用品。そして、CP(大手冷凍食品会社)の商品は、平均120アイテムおいてあります。

世界のセブンイレブン店舗数とタイ国内の店舗数ランキング

世界のセブンイレブンの店舗数は1位が日本で16,000店舗、2位がアメリカで9,000店舗、そして、3位はタイで8,000店舗。タイのセブンイレブンは今後、3年以内に2,100店舗を追加出店し、世界で第二位の店舗数を狙うとしているようです。

また、タイ国内の店舗数ランキングは、1位セブンイレブン(8,000店舗)、2位Lotusエクスプレス(1,400店舗)、3位ファミリーマート(1,150店舗)と、やはりタイ国内店舗数でもセヴェン(タイ語)は桁違い、本当に驚異的な日系ブランドですね。

タイのセブンイレブンにまつわるインフォグラフ

marketeerより

あなたにオススメの3本
タイのコンビニでバナナがバカ売れする理由 主にアユタヤ地方で生産されている天然バナナが、タイ国内のコンビニでバカ売れしている。 パッケージングされたバナナ タイ人が定期的に食べるフルーツとして定着しているバナナ。これまではローカルマーケットなどで購入するのが一般的だったが、多店舗展開を続けるセブン...
5年越しの政権交代!?タイの総選挙日決定 タイの選挙管理委員会は23日、総選挙を3月24日に行うと発表しました。予定通り行われれば、2014年5月のクーデターより続く軍事政権から、5年ぶりの民政移管となります。日程発表を前に、すでにワチラロンコン国王が総選挙の実施を命じる勅令を出していました。報道によ...
初の本格的な日系レンタルオフィスがバンコクに12月オープン!... 経済が好調なタイ。市場の縮小が続く日本から多くの企業が進出を検討しているが、頭を悩ましているのが進出当初の提携先。「日本企業というだけで法外な手数料を徴収されるのではないか」「後になって約束が違うということにならないか」。中小零細企業を中心にこうした悩みは尽き...
Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed
よく見られてる一本
159回目 オススメタイ料理
第159回 現地視点でオススメのタイ料理