日系企業のミャンマー進出が加速!過去2年間で1.8倍にも!(民間信用調査機関調べ)

Last updated:

民間の信用調査機関「帝国データバンク」によると、経済開放が進むタイの隣国ミャンマーに進出する日系企業は昨年10月末時点で91社に上り、2010年の52社に比べて39社増(75%増)、1.8倍の規模に達したことが分かった。

myanma01

このうち、年商区分で1000億円を超す大企業が2年前の83.3%増、22社を占め、全体の4分の1に。本格的な日系企業の進出が始まったことを裏付けた。一方、年商10億円未満の小規模企業も2年前の13社から27社に倍増。市場の縮小が続く日本を飛び出し、新天地で新たな商機をつかもうという企業経営者の姿が浮き彫りとなった。

業種別では、卸売業が34社と全体の37.4%を占めトップ。サービス業や運輸・通信業も大きな伸びを見せるなど、日系企業の進出を物心ともにサポートしようという動きも目立った。

myanma05-2

進出企業の本社所在地としては東京がトップの約半数を占めたが、大阪や愛知など全国17都府県にも。ミャンマー進出の動きは、全国区に波及したと言ってよさそうだ。

帝国データバンコクのニュースリリースはコチラ。

あなたにオススメの3本
9年間で約55%増!タイの平均所得は確実に上がっている... 「タイは物価が安い」という言葉は今となっては昔の話・・・タイ統計庁の発表によると2015年10月16日現在、タイの平均世帯収入は一ヶ月あたり2万7,545バーツ(約9万円)で、2006年からの約9年間で54.86%増加している事がわかった。 世帯収入割合...
需要拡大で稼働率上昇!大盛況のバンコクオフィス市場... タイ地元メディアの報道によると、今年に入りバンコクのオフィススペース市場の需要が増え続けオフィス稼働率が上昇しているとのこと。 バンコクのオフィススペース事情 驚きのバンコク都内のオフィススペース 第2四半期のバンコクのオフィスの総スペースは、...
GSP失効で迫る輸出危機 – 急ピッチで進められるタイ・EU間FTA交渉... 今年5月にタイ・EUのFTA(自由貿易協定)交渉が開始された。タイは2014年末をもってEUの途上国向け特恵関税であるGSP(一般特恵制度)対象国から外れる可能性が高いことから2年以内でのタイ・EU間FTA妥結を目指し、急ピッチで交渉が進められている。早期妥結...
Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed
よく見られてる一本
【特集】平日午後のひと時、smart G-BOOKを片手に、お友達が待つチャオプラヤー川沿いのカフェに向かった。渋滞を避けてスイスイ!