Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed

タイ進出をしくじった幸楽苑がタイの大手企業とリベンジ

幸楽苑のタイ進出リベンジ
幸楽苑のタイ進出リベンジ
Last updated:

ラーメン店チェーンの「幸楽苑」は2012年にタイに進出したが、売り上げが伸びず、2014年で約8300万円(2600万バーツ)、2015年は約2億1300万円(6700万バーツ)の負債を抱えて今年3月にタイ現地子会社の解散を発表した。その幸楽苑が今回、大手タイ企業とタッグを組み再びタイ展開を図ることが決定した。

タイでしくじった幸楽苑の背景

これまでの幸楽苑のタイ展開は微妙なものだった。初出店となったバンコク都内のショッピングモール「GATEWAY EKKAMAI(ゲートウェイ・エカマイ)」では、モールのオープン当日から半分以上のテナントが埋まっておらず、建物自体に客が入ってこないという最悪な状況からのスタート・・・この状況は1年以上続き、家賃が値上げされる中でも店の営業を続けていた。

幸楽苑(ゲートウェイ・エカマイ店)
幸楽苑(ゲートウェイ・エカマイ店)

また、幸楽苑はターゲティングに関しても不思議な動きを続けていた。タイで初となる新店舗の立ち上げ以降、出店した先はバンコクの行政区でもあるカンナーヤーオ区、日本人駐在員が行き来するシラチャ、そして、若年層タイ人が集まるラマ9通り。さらには高級志向ブームに煽られ、無理矢理タイ人富裕層を獲得しようと「ネオ・幸楽苑」という特別店舗も郊外にオープン。これらの動きは現地在住の日本人やタイ人ですら頭をかしげるような店舗展開だった。

バンコク郊外に出店した高級店舗「ネオ・幸楽苑」
バンコク郊外に出店した高級店舗「ネオ・幸楽苑」

バンコクの日系飲食事業に精通する専門家は、幸楽苑がタイでの失敗理由を「”日本のラーメンは儲かる”、”高級感ある内装にすれば富裕層が来る”という単純発想が失敗の根源となっている」と推測。途上国だからといって安易な戦略では、実際に日本に来る事も可能になったタイ人の心をつかむことは出来ない。それが如実に現れた結果だった。

即席麺を販売する老舗企業と提携

今回、幸楽苑と提携したのはタイ証券取引所で上場を果たしているタイ・プレジデント・フーズ社。同社はタイでトップシェアを誇る即席ラーメン「マーマー」の販売元で、タイ進出企業の販路開拓役として有名なサハグループからも出資を受けている一流企業。

タイの即席麺シェアNo.1の老舗企業
タイの即席麺シェアNo.1の老舗企業

多様化する社会、グローバル社会といった世間の波についていけず、日系企業が脱出目的でタイ進出を試みる昨今。今後、幸楽苑はタイ・プレジデント・フーズ社とともに、どんな復活劇をみせるのだろうか・・・

source:kaohoon.com

あなたにオススメの3本
AECって言うけれど…域内主要国の法定最低賃金比較 連載内連載でお伝えしている「AECって言うけれど…」シリーズ。今回は域内主要各国の法定最低賃金について。まだまだ大きな格差のある人件費。たかが賃金、されど賃金。貴方なら、どう読みますか? ASEAN域内の主要都市について、月額の法定最低賃金をまと...
バヤリースの人気はタイの有名社長によって復活するかもしれない... タイの日本ブームの火付け役こと、イチタン·グループの最高経営責任者タン氏は2億4000万バーツ(約750,240,000円)で、サニーハーブインターナショナルビバレッジ株式会社(『バヤリース』というオレンジジュースを販売する会社)から製造方法や商標などを買収す...
AECって言うけれど…金融機関の与信残高を見る 海外から投資を行う際、全額を内部留保で賄える企業は、そう多くはない。銀行など金融機関からの融資を受けるケースがほとんどで、タイをはじめ東南アジアでも例外ではない。そこで注目されるのが、こうした民間金融機関が設定する与信枠。回収ができなくなることを想定して、あら...
メディア
よく見られてる一本
熱湯スープを投げつける女性
熱湯スープの入った袋を投げつけ、屋台のおばちゃんに大やけどを負わせた女