\タイ人が日本語で答える"ANNGLE-Q"/
Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed

日本大好き!タイが親日度調査で世界第3位を獲得

タイの親日度に関する調査結果
タイの親日度に関する調査結果

広告代理店の電通が2015年4月に20カ国の地域で「ジャパンブランド調査 2015」を実施。その中の親日度調査でタイが3位を獲得しました。

タイが第三位獲得!
タイが第三位獲得!

20カ国対象国とは?

今回発表された調査はクールジャパンプロジェクト一環で対象となったのはタイ、中国(北京、上海)、香港、韓国、台湾、インド、シンガポール、インドネシア、 マレーシア、ベトナム、フィリピン、オーストラリア、カナダ、アメリカ、ブラジル、フランス、イギリス、イタリア、ドイツ、ロシアの世界20ヵ国。

公表されたアンケート資料で注目したいポイントは下記の通りです。

国別の地方認知度
国別の地方認知度
日本への興味関心
日本への興味関心
日本でやっていみたいこと
日本でやっていみたいこと

最近は旅行スタイルも団体から個人にシフトしつつあり、親日度調査を見てもタイでの日本ブームはまだまだ止まらない気がします・・・

source:dentsu

オススメ記事
タイ高速鉄道は野菜を運ぶため!?首相の発言ネタで沸くタイのネットユーザー... 2020年までに2兆バーツ(約6兆5000億円)を投じて4本の高速鉄道(新幹線)などを建設しようというタイ政府の交通インフラ整備計画がインターネット上で皮肉っぽく取り上げられ、話題になっている。 このうち高速鉄道について、政府は2013年度中の入札実施を...
止めどなく開発が進む工業地帯!H.I.S.が紹介するミャンマー視察のススメ... 進出を考えている企業が、現地の情報を得るにはやはり視察が最も効果的。「エイチ・アイ・エス」のコーポレートセールスでは、支社や工場設立を目的としたビジネスマンや法人向けにミャンマー視察ツアーを用意している。 “まず一度行ってみたい”という方には数箇所の工場...
なぜタイの日本食がモテるのか?タイの日本食文化と歴史... 1980年代中頃に日系飲食料品の小売店がタイに進出、80年代後半に日本人向けの日本食飲食店が急増した第1次日本食ブームが起こった。 タイ国内で起きたスーパー日本食ブーム 90年代後半にはタイ資本の日本食食べ放題店がヒット。これを機にタイ人客が急増した第2次...
麺の国タイに日本の製麺企業が続々進出!バンコクで試食会が開催される。... バミーナーム、センミー、センレックなどでお馴染みのタイの麺類。屋台で、フードコートで、1日に1食は麺類を食べないと落ち着かない人もいるというほど、タイ社会では身近となっている日常食品。長らく、ローカルフードのいわば牙城とされてきたが、ここ数年、日本から進出する...
メディア
よく見られてる一本
タイ東北部で降った、大きな『ひょう』
タイ東北部で大きな『ひょう』が降る