認めると値段跳ね上がる!タイのHIV感染患者が特許化に反対要請。

Last updated:

HIVウィルスの感染によるAIDS患者のグループがこのほど、タイの商務省知的財産局に対し、製薬会社が抗レトロウィルス剤(ATR)の特許申請をしても認可しないよう求めていたことが分かった。1990年代当時、全労働人口に対するHIVウィルスの感染者が世界でも高いとされていたタイ。国の啓発啓蒙政策で一時の深刻な事態は脱したが、患者の苦しみは今なお続いている。

英字紙Nationによると、問題となった抗レトロウィルス剤は、米のバイオ医薬品製造会社「Gilead Sciences社」が製造するTenofovirとEmtricitabineの混合錠剤。

知財局の担当者は態度を明らかにしていないが、患者グループによれば、錠剤は同社でなくても製造が可能。仮に特許が認められた場合、現在、標準30錠で800バーツ(約2000円)あまりの抗レトロウィルス剤が最高で20倍ほどに跳ね上がる可能性があるという。

患者の多くは経済的にも恵まれていない家庭の出身者が多く、指摘のとおり値上げとなれば継続医療の中止を意味しかねない。政府当局が患者グループの訴えにどう対応するかが注目される。

タイではウイルス感染に関する知識が国民全体に広がり、1990年代初頭の爆発的な増加傾向は改善されたが、それでも全労働人口に対する感染率はなお高いものと推定されている(日本は1%未満)。

あなたにオススメの3本
海外就職の方が年齢にシビア?希望者は今すぐ検討すべき!... 日本国内の転職ではミドルやシニアも活発。それとは対象に海外の転職市場においては求められる候補者どんどん若くなってきています。これまでは40代後半までOKの求人がボリュームゾーンだったのが最近で30代半ばまでに。今日は海外就職の年齢事情についてお伝えします。 ...
熱中して働くならタイへ!タイで若者が働くべき3つの理由... 「ゆくゆくは自分でビジネスをやりたい」「若いうちにチャレンジングな経験をしたい」。タイは、意欲の高い若手ビジネスマンがキャリアを作る目的で働くには最高の土地。今回は、その理由について説明します。 理由1:アジア・欧米・中東の文化が融合する国際都市バンコク...
初の本格的な日系レンタルオフィスがバンコクに12月オープン!... 経済が好調なタイ。市場の縮小が続く日本から多くの企業が進出を検討しているが、頭を悩ましているのが進出当初の提携先。「日本企業というだけで法外な手数料を徴収されるのではないか」「後になって約束が違うということにならないか」。中小零細企業を中心にこうした悩みは尽き...
Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed
よく見られてる一本
28回目-バンバンバンコク
第28回 バンコクから1時間半の綺麗な港町シーチャン島の魅力