\タイ人が日本語で答える"ANNGLE-Q"/
Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed

タイのバイクブランド”GPX”が今年1月~4月のバイク販売台数がカワサキ・スズキを抜いて3位に

2017年1月~4月のブランド別のバイク販売台数と前年同期比 ©prachachat
2017年1月~4月のブランド別のバイク販売台数と前年同期比 ©prachachat

オートバイ市場が話題を呼んでいる。

2017年1月~4月までの4か月間累計のオートバイ販売台数が発表されたが、それによると、タイのブランド”GPX”が、カワサキ・スズキを抜いて3位の座についた。

2017年1~4月の4か月間累計でのブランド別オートバイ販売台数と、前年同期・年間累計の販売台数

単位:台数

 ブランド   2017年1~4月  2016年1~4月  2016年年間 
 A.P.HONDA    458,115  436,628 1,371,283
 YAMAHA      87,147    80,889   246,255
 GPX       9,449     9,075     28,451
 SUZUKI       7,932     8,195     23,505
 KAWASAKI       6,124     9,761     23,635
 Vespa       4,550     4,300     12,093
 その他      13,079    10,354     37,891
 総数    586,396  559,202 1,743,113

出所:prachachat thurakitの集計による

GPX、並びに競合ブランドのバイク販売状況

前年(2016年)1月~4月の累計販売実績との比較では、スズキは5位から4位へと順位を上げたものの、販売台数は僅かながら減少し、市場全体の販売総数が増加傾向の中で相反する動きを見せた。

また、前年1月~4月の販売実績が3位であったカワサキは、今年は販売台数が落ち込み5位となった。

今回3位となったGPXは販売台数も増加し、堅調な動きを見せている。“GPX”はタイブランドのオートバイであるが、ユーザーが求めるもの全てに応えたデザイン性や、手に届く価格設定という点が、他のブランドよりも優位に立ち、新たな顧客の開拓に繋がったようだ。

また、現在は、GPXの主力モデルの市場でもある、スポーツタイプのオートバイ市場の動きが顕著である。2015年時点ではごく僅かであったマーケットシェアが、2016年には17%のシェアを占めるまでに拡大した。尚、2016年の市場全体の成長率は、対前年比で4%であった。

Source: prachachat

オススメ記事
二輪はトップ級、意外に低いエアコンやパソコンの普及率 「数字で見るタイ事情」その8... 渋滞する車列を縫って目的地へと急ぐバイクタクシー(モーターサイ)。タイでは見慣れた光景となっているが、「いったい、どれくらいのバイクが走っているんだろう?」なんて思うことも。そこで乗用車や家電の普及率がどうなっているのかを調べてみたのが下図。IMFのデータをも...
タイで開催されるJAPAN EXPOがなぜ注目されているのか?... 遂に明日、2月6日よりタイ最大級の日系イベント"JAPAN EXPO 2015"が開催される。 延期から約一年の時を経て・・・ 今から約一年半前、タイでは反政府デモ活動の山場を向かえていた。デモ隊が撤収しバンコクの中心部はいつものように見えたが、ときおり見える...
タイの果物輸出が前年比19%増と好調!一番人気はあのフルーツ... タイ国立食品研究所によると、2016年にタイが輸出した果物の総量(ドライフルーツやフルーツジュースなどの加工品を含む)は280万トン、金額にして1196億3000万バーツ(およそ3588億9000万円)となり、前年比19%の増加となった。その内、フレッシュフル...
タイのラマ3世通りがアツイ!? オートバックス移転オープン... 日本では気軽に自動車用品を購入できたり、カスタム、メンテナンスで有名なオートバックス。ここタイにも、2000年から進出しており、現在6店舗展開している。 そのオートバックスであるが、タイ進出時の1号店であった「オートバックス サトーン店」を閉店、南に約3...
よく見られてる一本
大阪のレゲエシンガー「BES」がバンコクで海外初公演