\タイ人が日本語で答える"ANNGLE-Q"/
Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed

進むタイ・ガソリン市場のバイオエタノール化。販売各社が取扱量を一挙引き上げへ!

ガソリンにバイオエタノールを混合した自動車燃料ガソホールの需要が高まっていることから、タイの石油元売最大手「タイ石油公社(PTT)」は、年末から2013年にかけて販売量を大幅に引き上げる方針だ。精油・石油販売の「バンチャク・ペトロリアム社」も同様に増産・販売を決めており、タイのガソリン市場はバイオエタノール化が一気に進むことになる。

PTTによると、国内に約1300箇所あるガソリンスタンド(GS)のうち、バイオエタノールを20%混合したガソホール「E20」を販売しているのは約400店舗。これを年末までに600店舗に引き上げる。来年以降も継続し、2013年末までに1000店舗にまで拡大する計画だ。

一方、E20非対応車向けに現在、販売しているオクタン価91のガソリン販売は取りやめ、オクタン価95のガソリンを300店舗に限って販売していくという。

同社のE20ガソホールの販売量は現在、月平均1100万リットル。昨年比100%の増加だが、来年以降はさらに需要が拡大すると見ている。背景には、E20対応車の物品税が低く抑えられてきたことや最近の新型車が軒並みE20ガソホールに対応していること、政府が小売価格を通常のガソリンよりも低めに設定していることがある。

また、バンチャク・ペトロリアム社も来年までに、国内約1100店舗のうち800店舗でE20ガソホールを販売していく計画。月の販売量も40~50%増加していくと試算している。

バイオエタノールは、キャッサバやサトウキビなどを原材料にした再生可能な自然エネルギー。大気中の二酸化炭素(CO2)削減効果があるとして、世界各地で量産が進んでいる。

こちらの記事どうぞ
日本で30年の歴史を持つ結婚相手紹介サービス「ツヴァイ」の海外1号店がバンコクにオープン... 昨年6月に海外1号店をセントラル・ワールドにオープン 30年以上の歴史を持ち、成婚者数10万人を超える実績を持つ結婚相手紹介サービス 「ツヴァイ」が業界初となる海外1号店を昨年6月、セントラル・ワールド3階にオープンした。 海外進出について、「弊社のサ...
船便はまだ早くなる!日本郵船が新コンテナ船サービスを開始... 日本の大手3大海運会社の一つ日本郵船株式会社は3月下旬から、日本・タイ・ベトナムを繋ぐ新たなコンテナ船の貨物輸送サービスを開始する。 船便業界最速!最短で6日間 今回発表された新サービスによって、既存のPhoenixというサービスはPhoenix 1に...
今日はタイ近代化の父ラーマ5世の逝去日。偲ぶ集いが各地で開催!... タイの近代化の基礎を築いたラーマ5世(チュラーロンコーン大王)の没後102年となる23日、タイ各地で偉大な大王を偲ぶ集いが開かれた。 このうち、バンコクのアナンタサマーコム宮殿(旧国会議事堂)前にあるラーマ5世騎馬像の周囲では、政府関係者らによる式典...
“アジアティーク”をモデルに新たな3つのプロジェクトが始動... タイの大手デベロッパー「TCC Land」は、バンコクで人気の観光地"アジアティーク"をモデルに新しい3つのプロジェクト発表して新年を迎えるようです。 予想以上の観光集客を達成した、アジアティークの実績 「アジアティーク・ザ・リバーフロント」をヒットさ...
メディア
よく見られてる一本
KALAの世界
日本人が作る芸術的なミラーボール。「KALA」によるミラーワークの世界