\タイ人が日本語で答える"ANNGLE-Q"/
Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed

タイ人にとって日本旅行はどこまで魅力的であり続けられるか?

タイ人にとっての日本
Last updated:

以前から言われていることですが、中間層の拡大によりレジャーの選択肢が増え、タイの人たちも気軽に旅行を楽しむようになりました。以前は実家へ帰省することやタイ国内の観光地(というかお寺)に出かける程度だったものが、近隣諸国や日本への旅行を楽しむ人が増え、毎月のようにあちこちで開催されている旅行フェアは大盛況。スーパーやデパートのスーツケース売り場は好況で、レジャーとしての旅行が根付いてきているのを感じます。

特に日本旅行についてはビザなし観光ができるようになってからは、渡航者の数は右肩あがりとなっているのはあちこちで報道されている通りだと思います。

そんな中、ちょっと気になることが。

旅好きの友人たち

私の友人たちは元々旅行好きで、誘い合って国内旅行によく出かけていました。3-4年前からはベトナムやラオスなどの近隣国へ頻繁に出かけ、LCCを利用して年に2回ほど日本に行くようになりました。

何回目の日本旅行は親を連れての家族旅行、なんて場合も。そんな彼女たち、昨年あたりからヨーロッパに出かける姿がFacebookを通じて見られるようになりました。そんなにヨーロッパの文化とか歴史とか美術とか好きだったかな?と思うのですが、そこはやはり観光地としては名高い場所が多いので「旅行好きだから」行きたいと思ったんだろうな、と思っていました。しかしそれだけでしょうか?

日本に飽きた?

友人たちは年齢的にも30代後半に差し掛かり、キャリアを積んでそれなりのポジションで働いています。都市部に暮らす中間層の拡大、それを体現しているのがまさに彼女たち。そんな彼女たちは日本人と接する機会も多く、ひとりふたりは日本人の友達がいたり、日系企業で日本人と働いていたりします。そして10万人ほどが暮らしているといわれるバンコクでは日本人向けのサービスも多く、日本のものを手にする機会も非常に多いです。その恩恵に預かって私などは暮らしているわけですが、逆に考えればタイ人でも日本のものや日本の雰囲気、日本式サービスに触れる機会は多い。

日本旅行に行ってみて「あ、これならバンコクでも味わえる」と思っていたとしたら…?日本はビザなし渡航もできるようになり、LCCもあることから「いつでも行ける国」になってしまい、日本はもう彼女たちにとって魅力がなくなったのではないかと危惧しています。そして社会が成熟し始め(所得ベースでみてタイは中進国に位置しています)、お手本にすべき「身近な先進国が日本」だったところから「グローバルスタンダードを形成している欧米」へタイ全体が向き始めたとしたら…?

今後、日本は魅力的でい続けられるのか?

とはいえ、まだまだ多くの人は「あこがれの国日本」と思っていますし、若い人や所得がさほど多くない層までは転換期を迎えたとは言えないと思います。ただ、今後、日本はいかにアジアの人々をひきつけていけるのか。

観光立国として政府が舵を切り始めていますが、果たして具体的にそれがどう実現されるべきなのか?カジノはどれだけの集客能力があるのか?そんなことを考えるときに、友人たちのことが頭をよぎる今日このごろです。

こちらの記事どうぞ
タイ高速鉄道は野菜を運ぶため!?首相の発言ネタで沸くタイのネットユーザー... 2020年までに2兆バーツ(約6兆5000億円)を投じて4本の高速鉄道(新幹線)などを建設しようというタイ政府の交通インフラ整備計画がインターネット上で皮肉っぽく取り上げられ、話題になっている。 このうち高速鉄道について、政府は2013年度中の入札実施を...
40代からのタイ就職 先日 、知人から「 タイで就職したいと考えているんだけど、いい求職情報サイトはないか?もしくは何か情報を持っていないか?」と聞かれました。この知人は男性で40代、 ある職種でのキャリアがあり、また副業を立ち上げていて、それも軌道に乗っているように見えていました...
タイ人から見た日本の「外国人研修制度」の実態 多くのタイ人が海外へ出て労働力を売る時代。中東の国で騙されて働かされるという話は、各種メディアでも報じられており聞き「慣れた」感があるが、実は、日本でもそれと似たようなことが起きているのだ。 希望を胸に日本へ働きに来た外国人労働者の多くが、現実はそう甘く...
タイ航空が客室乗務員の募集を開始 気になるその応募資格とは?... 先日ANNGLEでご紹介した記事「タイの若者が選ぶ「働きたい会社2017」トップ10」で5位にランクインしたタイ国際航空。 この度、路線拡大に対応するため、また競合各社との競争に打ち勝つため、新規のタイ人客室乗務員214名の募集を開始したことが発表された...
ライター
よく見られてる一本
いつものタイではない、新しい空間を提供する noth vol.2 のお知らせ