\タイ人が日本語で答える"ANNGLE-Q"/
Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed

崖っぷちの瀬戸際にあるタイ政府のコメ担保融資制度。行方は如何に?

Last updated:

洪水被害などに苦しむ農家への救済策としてタイ政府が実施する「コメ担保融資制度」が苦境に立たされている。中間業者による「中抜き」や逆ザヤ、市場価格の低迷など公費にかかる負担も深刻になりつつある。

昨年10月から実施された同制度。農家に対しコメを担保に事業資金を貸し付ける制度で、洪水の被害や物価の上昇などから経営に苦しむ農家を救済する目的で始まった。
ところがコメの評価価格を実際の流通価格の30~40%以上も高めに設定。負債が高額化するなど返済できなくなる農家が続出したことから、ここに来てやむなく政府が担保のコメを競売にかけるようになった。

だが、そもそもの貸付額がコメの資産価値を上回っていたことに加え、このところコメの市場価格が低迷。「1トン当たり5000~6000バーツも逆ザヤが発生している」(関係者)という。

加えて政府が頭を痛めているのが、貸付過程における中間業者の介在。いくつもの仲介業者を通すことで何度も手数料が抜かれ、最終的に農家の手に渡ったころには、「もともとの貸付額の6割しかなかったというケースも」(同)。政府の手の届きにくい地方で顕著だといい、「なかなか打つ手がない」といった状況だ。

民間の試算では、貸付金の焦げ付きを政府がこのまま競売で回収したとしても、最終的に50億~100億バーツの損失が発生するとの予測もある。野党民主党などからは「大衆迎合策のツケだ」などと批判も高まっており、融資制度は崖っぷちの状況にある。

オススメ記事
まるで映画!タイで収監中のシチリアマフィアのボスが身柄引渡しへ。タイ司法当局「逃げ得許さず」... イタリアの最高裁判所からヘロイン密売代金の資金洗浄(マネーロンダリング)の罪で懲役9年の実刑判決を言い渡され、タイで身柄を拘束されていたイタリア・シチリアのマフィア組織のボス、ヴィ...
海外就職の方が年齢にシビア?希望者は今すぐ検討すべき!... 日本国内の転職ではミドルやシニアも活発。それとは対象に海外の転職市場においては求められる候補者どんどん若くなってきています。これまでは40代後半までOKの求人がボリュームゾーンだっ...
ウイルス性肝炎―ちょっとは知っておきたい「タイの病気」シリーズ。第4巻... 日本では「薬害肝炎」問題が深刻化するまで身近な存在としてはあまり受け止められて来なかったウイルス性肝炎。1960年代にB型ウイルスが初めて発見され、90年代末までに主な肝炎ウイルス...
メディア
よく見られてる一本
バンコクのタコライスが美味しい店