Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed

2015年末、野菜を食べるカレー campがタイ初進出!

野菜を食べるカレーcamp
野菜を食べるカレーcamp

カレー専門店チェーン「野菜を食べるカレーcamp」が2015年11月16日、バンコク都心にあるショッピングモール「サイアムパラゴン」にタイ1号店をオープンする。

野菜がメインの新感覚カレー店

「野菜を食べるカレー camp」は2007年創業。2015年7月現在日本国内で22店舗を展開中(直営・フランチャイズ)で、キャンプ場をイメージした個性ある店内と客前でライブ調理するカレー店として人気を誇っている。

出典:Facebook(camp)
出典:Facebook(camp)

タイへの進出はコンサルティング会社マッチング&リレーションシップ・コンサルティングが担当し、数年内にバンコクで3店舗を展開する計画だ。

カレーはタイでイケる!?

タイ国内で展開する日系カレー店といえば2008年にタイ進出を果たしたCoCo壱番屋。同社はタイで老舗の日本料理店「FUJIレストラン」とタッグを組み、巧妙なマーケティング戦略で”日本式カレー”をタイに定着させつつある。

カレーという飲食分野の特徴は何より回転率が良いこと。そして味が明確で分かりやすいことだろう。

ユネスコ無形文化遺産に登録された「和食」は、どこの料理よりも繊細な味を持っている反面、味覚の文化が成長しきっていない途上国では味の深みである”コク”や、ダシにおける”うまみ”という質へのこだわりはなかなか伝わり難い。

それに対し「日本食」であるカレーはとにかく味が明確で、食べるとすぐに”これが日本式カレーか!”というイメージがつきやすい。タイでCoCo壱番屋が成功したのも”分かりやすい味”であることが大きく影響しているように思える。

そんな中で「野菜を食べるカレーcamp」はタイでどのような展開を見せるのか・・・

source:https://www.facebook.com/curry.camp

あなたにオススメの3本
人気は交通広告とネット広告!2014年タイの総広告費 米大手調査会社ニールセンの発表によると、2014年タイ国内の総広告費は1023.5億バーツで前年比9.5%減とのこと。 2014年度、タイ国内の媒体別広告費 広告媒体全体での比率は落ちているが、交通機関とインターネットでの広告は若干ながら伸びています。...
タイの司法制度。タイでも労働者の「使い捨て」は許されません... さまざまなデータを元に、タイ社会の知られざる一面などをお伝えしている「数字で見るタイ事情」シリーズ。企画内企画「タイの司法」。その3回目は「労働法」について。タイで事業展開しているアナタ、有給休暇のことご存知ですか? タイの労働法規は、労働保護法、タイ民...
成長のバロメーター、人口増加率と出生率でちょっと心配なタイ。「数字で見るタイ事情」その16... 前回まで企画内企画として、少しだけこだわってきたASEAN経済共同体(AEC)のお話。今回からは元に戻って、タイにおける数字のあれこれをご紹介。とはいえ、復帰第1弾は、タイで盛んに取りざたされる出生率と将来の人口減の話題。少しばかり後ろ向きかもしれないけども、...
メディア
よく見られてる一本
数字で見るタイ事情〜タイの司法〜
タイの司法制度。タイでも労働者の「使い捨て」は許されません