Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed

海外就職の方が年齢にシビア?希望者は今すぐ検討すべき!

海外就職の方が年齢にシビア?
海外就職の方が年齢にシビア?

日本国内の転職ではミドルやシニアも活発。それとは対象に海外の転職市場においては求められる候補者どんどん若くなってきています。これまでは40代後半までOKの求人がボリュームゾーンだったのが最近で30代半ばまでに。今日は海外就職の年齢事情についてお伝えします。

若い駐在員が増加

海外の若手ビジネスマン
海外の若手ビジネスマン
従来は、日本での経験が長いミドル・シニアクラスの方が駐在員として赴任することが多かったが、コスト削減の必要性から家族を持っている社員よりも若い単身者を赴任させる企業が増加。現地採用のスタッフは駐在員の部下となるケースが多く、駐在員の若年化に伴い年齢の上限が下がっているのが現状です。

変化の大きいビジネス環境

バンコク中心部
バンコク中心部
経済成長が急なアジアではビジネス環境が頻繁に変化します。クライアントの要望、商品内容、使用するツール、社内ルール、と変わるものが多い。これまでの経験ももちろん重要視されますが、変化への対応力や新しいものへのチャレンジする力を求める企業が増加し、若い人材への期待が増しているのが現状です。

体力勝負の職場環境

若手人材の体力にも期待
若手人材の体力にも期待
一人の日本人を雇用することはタイ人の一般スタッフの2名~4名分の給与に相当します。その分担っている役割も多く、業務範囲も広いです。また日本とは異なる環境で、タイであれば年中夏の熱帯気候。高いマインドと健康状態を継続して維持することに重きを置く職種では年齢の上限も低く設定される傾向にあります。

若いうちならチャンスも豊富にある海外。30歳を過ぎてはじめての海外となるとかなり高い専門性が求められます。ゆくゆくは海外でキャリアをとお考えの方は、できるだけ早いタイミングでのチャレンジをおすすめします。

あなたにオススメの3本
洪水の次は干ばつ!?東部工業団地の貯水池で大規模干ばつの兆候... 昨年の洪水被害から間もなく1年。タイ政府はチャオプラヤ川上流のダムの放水を前倒しするなど防水対策を継続しており、現在のところ昨年のような大洪水が発生するとの危険性は高まっていない。 ところが、ここに来て新興の工業団地が立ち並ぶタイ東部では深刻な「水不足」...
タイに暮らす独身女性の悩み 前回、こんな記事を書きました。 タイが嫌いって? これはタイにかぎらず、どこの国に行ってもある話だと思います。先日書いたのはタイ人を相手にした場合の話でした。今回は日本人を相手にしたあれこれの結果、仕事をやめようかと悩む日本人女性のお話です。 ...
レディー・ガガ発言に反発のタイ政府、海賊品撲滅に向け取り締まり強化... 米国のスーパースター、レディー・ガガが、バンコク公演のため自家用ジェットでタイ入りした直後に、「バンコクで偽物のロレックスを買いたい」とツイートした“事件”は、タイ商務省知的財産局のPajchima Tanasanti局長が「タイに対しての侮辱だ」と反発するな...
よく見られてる一本
タイ仏教美術展
日タイ修好130周年を記念『タイ仏教美術展』開催