AECって言うけれど…金融機関の与信残高を見る

Last updated:

海外から投資を行う際、全額を内部留保で賄える企業は、そう多くはない。銀行など金融機関からの融資を受けるケースがほとんどで、タイをはじめ東南アジアでも例外ではない。そこで注目されるのが、こうした民間金融機関が設定する与信枠。回収ができなくなることを想定して、あらかじめ限度を決めていく仕組み。今回は、この与信枠について見ることにする。

trust_all

ASEAN経済共同体(AEC)として間もなく新時代を迎える東南アジア。この6億人市場に対し、各国(地域)の民間金融機関が設定した与信枠が上図(2011年BIS、以下同)。市場統合をしたEU(欧州連合)がトップだが、一カ国単位で見た場合、世界1位は実は日本。米国よりも総額は大きい。

それだけ緊密な日本と東南アジア。では、従来はどうだったのか。その推移をまとめたのが下図。2002年からの10年間で35%も与信枠が増えた。それだけ、金融機関が東南アジア市場を有望と見ている証左とも言える。

trust_01

さらにこれを国別に見たのが下図。金融都市シンガポールは別として、タイが圧倒的な地位を占める。域内最大の人口を誇り、自動車産業で競うインドネシアはタイの3分の2にも満たない。

trust

ここまで深い繋がりをもったタイと日本企業、そして金融機関。AECが発足したからと言って、構図が劇的に変化するとはやはり考えにくい。

さまざまな統計データを元に、タイと日本、タイと世界を比較するコーナーを新たに設けました。題して「数字で見るタイ事情」。ビジネスや経済ネタだけに限らず、タイ社会のちょっとした話題を提供します。不定期掲載。

あなたにオススメの3本
遂にマツモトキヨシがタイに本格上陸! 「マツモトキヨシホールディングス」は7月29日、タイのセントラル・グループと合弁会社「セントラル&マツモトキヨシ」を設立し、タイ国内でドラッグストア事業を本格始動することを発表しました。 マツキヨがタイで2年後しの本格始動! 日本人にはお馴染みのドラッグス...
二輪はトップ級、意外に低いエアコンやパソコンの普及率... 渋滞する車列を縫って目的地へと急ぐバイクタクシー(モーターサイ)。タイでは見慣れた光景となっているが、「いったい、どれくらいのバイクが走っているんだろう?」なんて思うことも。そこで乗用車や家電の普及率がどうなっているのかを調べてみたのが下図。IMFのデータをも...
楽天タイランドの表彰エキスポに三木谷会長が出席。英語でスピーチも!... タイでEコマース事業を展開するTARADドットコム(楽天タイランド、松尾俊哉社長)の優良加盟店を表彰する「Rakuten TARAD EXPO 2012」が13日、バンコク都内の商業施設「サイアム・パラゴン」で開かれ、日本の楽天本社から三木谷浩史会長兼...
Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed
よく見られてる一本
タイのムアントンが韓国勢も撃破で決勝T進出王手!サッカーACL