\タイ人が日本語で答える"ANNGLE-Q"/
Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed

タイ国内の様々なクリエイターの広告作品が集まるサイト「portfolios*net」

時代とともにバンコクのローカル企業もシステム化し、厳重な労働時間の中でモノづくりをしなくてはならない時代になった。個性が強いクリエイター人材は早くして会社を後にし、フリーランスとなる傾向が数年前から強くなってきているように思える。

そんなタイのクリエイターシーンの中で人気を誇るある一つのポートフォリオサイトがある。

「portfolios*net」

portfoliosのトップページ
portfoliosのトップページ

3D、建築デザイン、ファッションデザイン、グラフィックデザイン、ジュエリーデザインなど様々なカテゴリー別にタイ国内のクリエイターを紹介している。

ウェブデザインの作品
ウェブデザインの作品

グラフィックデザインの作品
グラフィックデザインの作品

タイは海外からのウェブサービスは比較的受け入れやすいく、国内産のウェブサービスはあまり受け入れられにくいとされている。しかし、クリエイターサイドに立ったこの「portfolios*net」ウェブサービスは長年人気を維持しており、Facebookのファンも優に30000もの「いいね!」を獲得している。

タイ国内で優秀なクリエイティブ人材が見つからい方は、是非ここもチェックしてみてはいかがだろうか。

portfolios*net
http://www.portfolios.net/

オススメ記事
タイは世界第2位の「LINE」の普及国!タイ独自の利用法で増え続けるタイ国内SNS利用者... 先日、東京行われたLINEカンファレンスにて、ライン株式会社のCEO森川彰氏がこれまでのLINEの功績を発表した。 その中でタイでのLINEユーザー数は1800万人と、都市別人口比率で世界第2位。もともとFacebookの人口比率で世界第1位を保持してい...
見ている方まで微笑んでしまう。バンコクの笑顔だけを集めた「BANGKOK SMILE」... 長年親しまれている言葉「微笑みの国タイランド」、まさにそれの「まとめ」といっていいほどの、バンコクの笑顔がひたすら流れるショートムービー。うなるブルースミュージックと映像のマッチングは、なんだか平凡なバンコクを実感されられます。画面右下の全画面ボタンを押してか...
更に細かいバンコク市内の冠水地図を見るなら「gamling.org」が便利... ここ数回にわたって、anngleではタイの洪水情報を発信しているサイトを紹介してきました。29日の大潮は過ぎ去ったとはいえ、北部から流れてくる大量の水は未だバンコク北部まで到着しており予断を許しません。 10月29日(22:50更新)の日経新聞「バンコク...
リアルタイムでTVを見るタイ人ネットユーザーの割合... 英国の調査会社GlobalWebIndex(GWI)社によると、世界の16~64歳のインターネットユーザーの内、テレビをリアルタイムで見る人の割合を調べたところ、タイは93%と高い数値であることが分かった。 リアルタイムでテレビを見る人の割合 (出典:Gl...
よく見られてる一本
今のタイを知るための人数限定交流会!毎月東京で開催している「タイパーティー」ってなんだ?