特殊撮影よって近未来化されたバンコクの映像

Last updated:

Time-lapseという映像の特殊な手法でバンコクの様子を撮影した映像作品。よく見る光景でありながらも躍動感のあるトラックはWho Am I?(映画MATRIXのサントラ)。近年におけるタイの経済成長の映像表現としては、なんともアーティスティックに描かれている作品。

長期間、一つのの箇所に固定し、とにかくレコーディングをしつづけ一つの作品にするこの手の作品は”モノ好きによる、モノづくり魂の極み”
※Bed SupperClubでVJが映像素材として使っているようです。

あなたにオススメの3本
日本人が作る芸術的なミラーボール。「KALA」によるミラーワークの世界... 「鏡」の本質は現象である。現象があらわれる物質であり、伊勢神宮のヤタノカガミ、メッカの黒曜石など、宗教的にも重要なシンボルになっている「鏡」。 そんな鏡をモチーフにして独自の光の世界を出現させているのが「KALA」(カラ)。サンスクリット語で「時間」「芸...
世界の「醜い」高層ビル24棟にタイの”エレファントビル”と”ロボットビル”が選ばれる... 米国のインテリア誌『Architectural Digest (アーキテクチュラル・ダイジェスト)』が行った世界の高層ビルの調査によると、デザインが「醜い」建築物が世界に24棟あり、その中に、バンコクの建築物である「エレファント・ビル」と「ロボット・ビル」が含...
バンコクに著名アーティストの作品が集まる!「GOJA」のオープニング記念イベント... 先日紹介したバンコクの新ギャラリースペース「GOJA」にてソフトオープニングイベントが開催、世界中からの著名アーティスト達の作品がバンコク新ギャラリーカフェ「GOJA」に集結する! GOJAのソフトオープニングイベント「Paintbox」グループ展 記念と...
Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed
よく見られてる一本
42回目-バンバンバンコク
第42回 バンコクのインド人街ってホント面白い