音楽の次はアート!北海道在住4名のイラストレーターと画家による「ILL POP COMMUNICATION」

Last updated:

過日開かれたNaohito UchiyamaのLive in Bangkokに続き、北海道在住のイラストレーターや画家らの作品を集めた「ILL POP COMMUNICATION」という展示会が11日からシーロム・ソイ19のARTERY POST-MODERN GALLERYで始まった。

空を舞う雪や冬景色の印象からタイ人の間でも最近人気の高い北海道。遠い北国の地からやってきたアーティストたちとその作品に触れ合おうと、初日から多くのタイ人客らが詰めかけた。(初日はオープニングセレモニーも合わせて実施)

作品を出展しているのは、前田麦、瀧原祥、森迫暁夫、ANALOG(相川実嗣&児玉美也子)の3氏と1ユニット。全員が北海道で活躍する現役のアーティストたちで、バンコクでの開催は初めて。

このうち、森迫さんの作品はシルクスクリーンと呼ばれる版画の一種で、完成した作品のデジタル的な感覚とは裏腹に、全てアナログの手作業が特徴。カッターナイフで1枚1枚用紙を切り取っていくという気の長い作業が必要で、1つの作品を仕上げるまでかなりの労力を要する。

森迫さんは「タイの寺院などを見ていると、とても細かいところまで手が入れ込んであって通じるものを感じる。タイの人たちにも是非、作品を見て欲しい」と語った。

そして、今回の展示会をプロデュースし、同行してタイ入りしている札幌市の建築業、木野哲也氏は「今までにない新たな切り口でアートを通じ北海道とタイの架け橋になれば」と狙いを話した。今後も積極的に展示会などを開催していきたいとしている。

展示会は25日まで。入場無料。

■展示会場の様子
http://on.fb.me/ILL-POP-COMMUNICATION

■上部のムービークリップも同じく北海道の映像クリエイターMARGEよる作品
http://www.youtube.com/user/o0mERGe0o?feature=watch

会場のARTERY POST-MODERN GALLERYは、最寄のBTSスカイトレイン・スラサック駅から徒歩約10分。シーロムソイ19を入ってすぐ右側。(BTSサラーデーン駅よりタクシーで1メーター)

あなたにオススメの3本
「プーケットが沈む?」-怪文書が流通。市民は平静も心配が本音。政府は打ち消しにやっき... 南国の楽園、プーケット島。日本人にも人気の高いこの観光スポットで、今月半ばごろから不可解なビラ(怪文書)がランダムに流通するようになり、ちょっとした話題となっている。 「プーケットが沈む?」――という書き出しで始まるビラは、市内の至る所で今月半ば以降、頻...
マレーシアに伝わる工芸品の「地理的表示」を登録。村おこしにも期待膨らむ!... 欧米列強による植民地支配以前から現地に伝わるマレーシア・パハン州の伝統不織布絹織物「Royal Tenun」などを保護するため、マレーシアの知的財産公社(MyIPO)は「Royal Tenun」ほか同国に伝わる伝統工芸品の地理的表示の登録を行う方針を固め手続き...
タイの人々の暮らし 第9回 外食にかける一人あたりの予算と日本食の頻度... タイの人々の日常的な暮しを紹介する連載企画「タイの人々の暮らし」。前回の「タイ人客が好んで通う外食チェーンと外食頻度」に続いて、今回は「タイ人客が外食にかける一人あたりの予算規模と日本食頻度」のお話。是非、ご参考に――。 今回も引き続き「外食...
Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed
よく見られてる一本
バンコクのバーンクンティアン区で見つかった「太り過ぎの猿」 ©posttoday
バンコクで発見された”太り過ぎのサル”が話題に