\タイ人が日本語で答える"ANNGLE-Q"/
Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed

国境を越えたクリエイティブ「GRAPHIC PASSPORT」バンコクで開催

GRAPHIC PASSPORT IN BANGKOK
GRAPHIC PASSPORT IN BANGKOK

常に進化し続ける街東京から世界30カ国へ向けて出版されているクリエイティブ雑誌「+81」。

その「+81」が、世界の様々なジャンルのトップ・クリエイターを招いてカンファレンス、ワークショップ、エキジビションなどのプログラムを展開するクリエイティブイベント、「GRAPHIC PASSPORT」がバンコクで開催されます。

イベントフライヤー
イベントフライヤー

初日はオープニングシンポジウムが開催され、世界のトップ・クリエイターの経験を間近で体感することができます。

GRAPHIC PASSPORTとTCDCは国境を越え、クリエイティブを通じて世界を繋ぐ場と新たな機会を創造する。

イベント情報と初日のタイムスケジュール

開催場所:Venue: TCDC Gallery2
日時:4月26 (土曜日)時間:10:00 – 19:00
http://www.grapass.net/2014/

09:30 – Gate open
10:00 – 11:00 Ryoji Tanaka, Toshiyuki Sugai / Semitransparent Design™
11:00 – 12:00 Yuni Yoshida
13:30 – 14:30 Visionary
14:30 – 15:30 NAM
16:00 – 17:00 Wit pimkanchanapong
17:00 – 18:00 Satoshi Horii / Rhizomatiks
18:10 – 18:55 Round Talks
19:00 – Gate Close

シンポジウムに登壇するクリエイター

[box type=”shadow”]

NAM
NAM

NAM
アート・ディレクター/グラフィック・デザイナーの中沢貴之とフォトグラファーの間仲宇を中心に結成され、現在では10数名のメンバーで活動するグラフィック/アート・コレクティヴ。「A Fantasy in Life」をテーマに、ヴィジュアル表現の可能性を探求する制作をしている。
http://n-a-m.org
[/box]

[divider]

[box type=”shadow”]

Ryoji Tanaka, Toshiyuki Sugai
Ryoji Tanaka, Toshiyuki Sugai

Ryoji Tanaka, Toshiyuki Sugai / Semitransparent Design™
右:田中良治
1975年三重県生まれ。アートディレクター/ウェブデザイナー。同志社大学工学部/岐阜県立国際情報科学芸術アカデミー卒業。

左:菅井俊之
1976年神奈川県生まれ。クリエイティブディレクター/エンジニア。東京電機大学工学部電子工学科卒業。
www.semitransparentdesign.com
[/box]
[divider]

[box type=”shadow”]

Satoshi Horii
Satoshi Horii

Satoshi Horii / Rhizomatiks
1978年生。東京造形大学、IAMAS(岐阜県立国際情報科学芸術アカデミー) DSPコース卒 。 既存のソフトウェア/ツールに頼らない、コンピュータならではの動的な絵作りからプログラミングまで行う。
http://satcy.net/
[/box]
[divider]

[box type=”shadow”]

Yuni Yoshida
Yuni Yoshida

Yuni Yoshida アートディレクター/グラフィックデザイナー
1980年生まれ。女子美術大学卒業後、大貫デザイン入社。 宇宙カントリーを経て2007年に独立。 広告、CDジャケット、映像、装丁など幅広く活動中。 主な仕事に、ラフォーレ原宿 、 Mercedes-Benz Fashion Week Tokyoキービジュアル等。
http://yuni-yoshida.com
[/box]
[divider]

[box type=”shadow”]

VISIONARY
VISIONARY

VISIONARY
VISIONARYは明確なビジョンで、クライアントと深い関係を築きながら、そのブランドを表現し広告制作を行なう。その制作過程では、「イメージの操作と比較」による独自のたぐいまれな技術で、全ての作品が想像力とデザインの価値のもとに制作される。
www.visionary.co.th
[/box]
[divider]

[box type=”shadow”]

Wit pimkanchanapong
Wit pimkanchanapong

Wit pimkanchanapong
グラフィックデザイナー兼新しいメディアグループであるDuckunitの共同経営者として、タイで環境デザインを実践し、現在は主に電子機械工学、電子工学、ロボット工学に注力している。
http://vimeo.com/witpim
[/box]

オススメ記事
アジアン・ミーティング・フェスティバル 2016 先日上映会をし大好評を得た、タイの労働歌とアンダーグラウンドミュージックについてのドキュメントフィルム『Y/OUR MUSIC』の再上映されます。上映終了後、映画にも関わりが深いタイ音楽DJ、Soi48を招いて映画の余韻を楽しめるようなラウンジとしてランチ営業...
バンコク最大のモバイル端末の展示会タイ・モバイル・エキスポ開催... スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末の展示会「タイランド・モバイル・エキスポ 2015」が本日より開催されています。 毎年大勢の来場客で賑わうタイ国内最大のモバイルデバイスの祭典は展示会というより"即売会"。ソニー、HTC、OPPO、LG、サムス...
やっぱりそうだった!iPhone6sの”熱帯魚”はタイ人の作品... 2015年9月9日、遂に発表された「iPhone6s」。 その発表会で一際目立ったのが機種本体のイメージ画像に使われていた"色鮮やかな熱帯魚の画像"。筆者もどこかで見たことのある写真と思っていましたが、この画像は以前当サイトで紹介したタイ人カメラマン ル...
日本人だけの在タイ演劇集団「劇団 サザン天都」の定期公演が今週末に開催!... 時は、今から約150年後の未来。場所は、りょうけん座小宇宙M51の方角を飛行中の「ウォードン行き」宇宙船。ギリギリの燃料で飛行を続ける船内に突如現れた謎の少女。服務規程では「密航者は理由の如何に関わらず船外に遺棄する」とある。時間はもうない。追いつめられた宇宙...
よく見られてる一本
99回目-バンバンバンコク
第99回 タイのおとなりビエンチャン