Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed

海外生活の心得・お金事情 其の3 オフショアサービスで非課税貯蓄が可能に!

Last updated:

皆さん、こんにちは!うきうきコンサルタントのたなかです。

前回は、皆さんが受けられるお金に関するサービスの中でも、【海外に出たからこそ受けられる】サービスとして、【国際金融センター】で受けられるサービス、通称【オフショアサービス】について、そのサービスが始まった背景などに付いて少しお話をしました。

今回は、この【オフショア】についてもう少し掘り下げていきます。

世界で【国際金融センター】という位置づけになっている国は、現在世界で50数カ所。アジア地区では、【香港】【シンガポール】【ラブアン島(マレーシア)】などが皆さんも馴染み深いと思いますが、ヨーロッパでは、【スイス】【ルクセンブルグ】【マン島(イギリス)】などに代表され、その他、カリブ海ではあの【バミューダ島】や、映画でもよくでてくる【ケイマン島】、中南米の【ベリーズ】や【ウルグアイ】、ペルシャ湾の【バーレーン】などに存在します。

国際金融センターのサービスのメリットは、

①税効率/貯蓄効率
②安全性
③共同名義
④利便性

です。

①の税効率は、例えば、日本の銀行口座をご利用の場合、皆さんは利息に対しての課税率はご存知ですか?答えは20%です。要するに、10万円の預金に対して利息が1%だった場合、1000円の利息に対して20%課税されるので、口座に残るのは800円の利息という事になります。しかし、オフショア口座だった場合、1000円の利息がそのまま残る訳です。

それをそのままロールオーバーすると、101,000円の原資に対しての利息は1,010円ですが、100,800円に対しての利息は1,008円の8割ですから806円です。その差204円。原資が100万円、1千万円だったら…???チリも積もっていく訳です。

要するに、オフショアサービスを利用して、【非課税】で貯蓄ができるだけで、意外と大きな貯蓄力アップに繋がるというわけです。

そのためだけに【海外に出る】という選択肢を選ぶ事もありませんが、海外に出る際には、こんなお金のメリットもあるという事を、知らないよりは知っていた方が断然お得!

②以降のメリットについては、また次回をお楽しみに!

あなたにオススメの3本
遂に渋滞緩和なるか!?バンコク都内の強制レッカーエリアがさらに拡大... 先日からバンコク都内で始まっている「違法駐車の強制レッカー法」の監視エリアが30の道路に拡大。 この法案はタイ警察による新たな渋滞緩和策で、違法駐車した車は罰金と車両維持費を課せられるというもので、一部の富裕層を除いたタイ国民にとっては非常に厳しい内容。...
日本から来て、タイで暮らし、タイで働く はじめまして、たまこです。タイに暮らし、タイで働き、毎日をぼんやり過ごしています。 わたしがタイに来たキッカケ タイに来たきっかけは、タイ人留学生だった友人の「日本語もタイ語もできるなら、タイで仕事みつかるよ」という言葉でした。それまで何度かバンコク...
タイのリアルなお金事情 タイのコンビニで10時間働くと、日給300バーツもらえます。1日10時間も働いて、もらえるのは、たったの1,000円ちょっとです。時給にすると100円です。ちなみに、普通の国立大学の教員の初任給は、大卒で17,240バーツ(59,000円)、大学院卒で24,6...
メディア
よく見られてる一本
タイサッカー代表のパス技術
チョンブリーFCを支える「六人の侍」6/櫛田一斗(選手)