Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed

犬のいる社会 〜 タイノワンコ その4

Last updated:

以前、郊外の人気のない大きな空き地で、群れで行動している野犬のグループを見たことがある。その犬たちを見て、人のいないところで野生化し、動物本来の姿に戻ったような、そんな印象を受けた。でも、犬の場合、それが自然な状態であるとは限らない。

thainowanko04 (2)

太古の時代、人は、野営の際に、近くに集まる犬たちに食べ残しを与えたという。そうして犬たちは人の近くに居着き、人は夜間に大型動物の脅威から逃れ、ぐっすり眠ることができるようになった。人と犬との付き合いは、そういう偶然から始まったらしい。それから数万年、犬は人との共存を前提に進化してきた。犬には、野山や大自然の中で暮らすよりも、人里で人と共に暮らすほうが自然なのかもしれない。

thainowanko04 (3)

現代の犬たちは、人と街が寝静まるあいだはどこにいるのだろう。少し歩いて見るとよくわかる。夜遅くまでやっている路上の屋台や、朝早くから動いている生鮮市場。住宅街では、マンションやアパートの警備員の詰所の近くで寝そべっていたりする。コンビニエンスストアーの前でもよく見かける。犬たちは、人のいない静かなところにはあまりいない。たいがい人の近くにいる。

人の暮らしのすぐ横に犬がいる社会。捕獲、収容、処分などで街から犬を排除する国や地域が多い中、タイ国内ではたいがいどこに行っても犬がいる。そんなタイ社会の自然な姿には、ほかの国にはない魅力を感じる。

あなたにオススメの3本
プーケットの半野良 〜 タイノワンコ その7 プーケットの旧市街の近く、路地の入口のところで、ドリアンを並べているおばさんの周りをチョロチョロしている小さな黒い犬がいた。 「この子はね、チャオグアイっていうんだよ。今10ヶ月か、1歳ぐらいかな。そこのうちで飼っているんだよ」 どうやらこのおばさ...
服を着た野良犬たち 〜 タイノワンコ その3 ひさしぶりに東京に帰って来たら、季節外れの冷え込みもあって、4月だというのにずいぶんと寒い。普段タイにいるときと違って、いろいろと着込まなくてはいけない。一年中暑いタイにも比較的涼しい時期はあって、特に北部では意外と冷え込むこともある。そんな乾季の北タイでは、...
ハジャイで 〜 タイノワンコ その6 ハジャイで泊まったホテルの裏においしいクアイティアオ屋さんを見つけたので、滞在中に何度か通った。華僑の多いハジャイらしく、昔ながらのシンプルな豚のクアイティアオで、ほかに肉まんやシウマイなども売っていた。 夕方のまだ蒸し暑い時間帯に汗をかきながら麺をすす...
よく見られてる一本
救急隊よりも勇敢な・・・
寝室にヘビが出現したが救急隊は出動拒否!退治したのは・・・