ANNGLE公式グッズストアオープン!

タイのドンキはアイドルの聖地になりうるか⁈

オープンから一周年。タイ・ドンキの新たな転換点

2019年2月22日にスクンビットのトンローにDon Don Donki(以下タイ・ドンキと呼称)がオープンした。当初はタイにはない品揃えと24時間営業、激安目玉商品などで、入場制限がかけられるほど、連日大賑わいであった。ただここは熱しやすく冷めやすいタイ。

その国民性も相なって、現在タイ・ドンキの売り場こそ土日は賑わっているが、3階以降のレストラン街においては客足が鈍っているのは隠しようのない事実だ。駐車場問題や渋滞のイメージがついてしまったこと、駅から遠く明日セスが悪いのも遠因になっているかと思う。そして何よりもお客さんを引き付けるコンテンツが不足しているのだ。そこで筆者は一計を案じた。客寄せパンダにアイドルイベントをやってはどうかと。

目指すは秋葉原ドンキ

秋葉原のドンキ・ホーテと言えば、「AKB48」劇場を始め、メイドカフェやドンキの売り場そのものもサブカルよりの商品が並ぶなど、アイドルヲタの聖地のような場所である。タイでもアイドル好きのファンは、日本の文化が好きな者が多いのでそのことをよく知っている。そう、アイドルとドンキとは昔から相性がよいのである。

実はタイ・ドンキオープン当初から筆者にはそのようなプランを既に頭の中に描いていた。そして、実際に担当者に話しをしに行ったのだが、当時の黙っていてもお客さんがくるイケイケの状態ということもあり、這う這うの体で追い返されてしまった。ただ時期を経て、現在このタイ・ドンキ転換期を迎え、この話しに耳を傾けてくれる担当者がいた。そして、とうとう実現したのが、2020年2月16日に行われた「Siamdol Valentine’s Day Party」である。

タイ国きってのアイドルイベント仕掛け人

サイアムドルと言えば、日本のアイドルがタイでイベント興行をする際のオーガナイザーとして、数々のイベントを成功させてきた、タイ国アイドルの仕掛け人である。現在日本のアイドル事務所がこぞってこのサイアムドルにコンタクトを取ってくるという売れっ子ぶりである。

当日はコスプレショーなども加えて、サイアムドル所属のアイドル「Siam Dream」「Sumomo」「AMERYU」など人気アイドルグループを惜しみなく出演させ、会場となったドンキモール4階のフリースペースから人が溢れんばかりの700人近い観客が集まった。

タイ・ドンキでは初めて行うアイドルイベントであったため、多少の混乱はあったようだが、サイアムドル代表のネット氏やタイ・ドンキの担当者も一回目としては成功であったとの喜びの感想を漏らしていた。そして両名とも、またこのようなイベントを継続してやっていきたいとも語っていた。

今後はもっと周辺の飲食店などの協力を仰ぎ、秋葉原ドンキのようなアイドル文化との融合を計ることで、また新たなタイ・ドンキの業態が変化していくようなら、筆者としても将来楽しみな存在である。

Siamdol HP

ANNGLE STORE
タイでウケるTシャツ
タイ語Tシャツ(辛くしないで)
¥ 2,580