日本人プロデューサーが仕掛けるタイ・アイドル

既に2グループがデビュー

2019年11月23日KBank Siam Pic-Ganecha Theatreにおいて「Siam☆Dream Festival」というアイドルライブが開催された。冠にもなっているSiam☆Dreamを始め、タイはもちろんベトナムのアイドルたちもステージを盛り上げてくれた。そして、そのイベントが初ステージとなったグループが2組いる。

一つは「Mali Rabi」。Nasi-Channelという只今人気急上昇中のyoutuberとして日本人認知も高いNasi-Chanが率いるアイドルグループだ。彼女はタイ人でありながら独学で、発音を含めた非常に高い日本語能力を有している。個としてのポテンシャルが非常に期待されていることで知られている。メンバーは他にNatsu、Kana、Nene、Yuriと全5人での編成チームだ。

それぞれに歌が上手い子やダンスが上手い子、ゲームが得意な子など一芸に秀でたメンバーで構成されていて、現在話題のe-sportsの分野にも展開を模索中とのことだ。

facebook  https://www.facebook.com/MaliRabi4/
Twitter https://twitter.com/MaliRabi_idol

もう一組デビューを迎えたアイドルは「AMERYU(飴龍)」。日本の芸能プロダクションである株式会社mint Music ENTERTAINMENTが仕掛けるタイ人のアイドルグループだ。筆者は、メンバーも初めてというアー写(アーティスト写真)撮影の現場にお邪魔をし、まだまだ緊張でこわばった顔つきを見せる初々しい彼女たちを取材させて頂いた。

特にリーダーは決めてないようだが、mintの石川P曰く「唯一のアクセント」お下げ髪のMinminに力が入っているように感じた。イベント当日のファン人気も狙い通り高かったようである。また前評判で写真がきれいでお色気もあるSnowployや横顔がBNK48のMusicに似ているとの評判のMobileもファン人気が高かったようだ。

その他Ruby、Jennie、Pingfahとビジュアル点数の高い個性的なメンバー6人での構成だ。みんなで踊れるノリノリのグループにしたいと方向性を語っていた。

Facebook: https://www.facebook.com/ameryu.official/
Twitter: https://twitter.com/ameryu_official

See Also

何故、日本人Pがタイに乗り込んでくるのか?

BNK48の成功に始まったタイのアイドル旋風。こちらの波に呼応しての動きであることは間違いない。しかしながら、この一連の動きに一役買っているオーガナイザーがいる。

前述のアイドルのデビューや日本からアイドルを招致し、ライブ開催をする際の運営会社が「Siamdol(サイアムドル)」だ。そのサイアムドル主催のイベントに招致され、そのイベントの成功(金銭的な)を目の当たりにした日本のアイドルプロデューサーらが、現在こぞって日本スタイルのタイ人アイドルをデビューさせようとしているのだ。筆者もかつてアイドル事務所に従事していた経験がある。

ただグラビアアイドルや役者を目指す子たちだったので、アイドル事務所と言っても少し様相が異なる。その最たるものが資金力だ。音楽系のアイドルには初期投資が結構かかるのだ。レッスンや衣装、楽曲作りにお金を渋ると目の肥えたファンには確実にそっぽを向かれる。レッスンスタジオ代はともかくほとんどは日本で制作するとするとそれ相応の費用が発生するだろう。

しかしながら、それを十分に回収できる市場と判断できる結果を得てのデビューなのだ。先日の筆者投稿記事、「売上総額一億円⁈~ME AND MY CATS 僕と僕の猫」でもあるように、アイドル飽和状態で停滞気味と言われる日本よりも、そのタイの市場規模は日本人Pの目には、はるかに「エルドラド」と映るのであろう。

この後も期待大のアイドルがデビューを控える

ANNGLEでもメンバー募集に協力したタイでも大人気のアイドル「FES☆TIVE」の妹分となるグループのデビューももうすぐだ。その他にも虎視眈々とアイドルデビューに向けて企画中の日本人Pからも相談を受けているので、この勢いは現在留まることを知らない状況だ。また新たなアイドルイベントの開催なども画策中なので、こちらで引き続きタイアイドル最前線を追いかけていきたいと思う。

11月30日Central World1階にてMini Concertが行われます
© ANNGLE THAILAND All Rights Reserved.

 

Scroll To Top