ANNGLE公式グッズストアオープン!

BNK48 ナムヌンがCEOに就任⁉~「HIGH TENSION Company」

CGM48もバンコク・デビュー

2020年2月23日。筆者は、バンコクのチャオプラヤー川を臨む大型ショッピングモール「ICON SIAM」前の特設ステージにいた。本日はBNK48、8番目シングルCD「High Tension」のお披露目イベントの日だ。新型コロナの影響のため入場の際は、検温と手の消毒が義務付けられていた。ただ来場したファンたちは、そんなものはどこ吹く風と言わんばかりで、マスク着用率は非常に低かった。新型コロナについては、タイの日常生活においてあまり深刻にとらわれていないそんな風潮も手伝ってのことだろうと感じた。少なくてもこの時点では…。

そのような中、さしたる混乱もなく会場からはみ出すほどのファンが今や遅しと開演を待っていた。まず登場したのは、司会のMindとFaii。そして伊豆田莉奈支配人率いるCGM48のメンバー6人(Sita,Rina,Aom,Parima,Fortune,Kaning)のステージだ。デビュー曲「チェンマイ106」(センターはSita)や「お願いVALENTINE」(センターはParima)、「Sao Chiang Mai」,

「CGM48」の4曲を歌い上げた。一期生メンバーお披露目から早4か月、その時の出演メンバーによってもそのフォーメーションを変化させる必要もある中、ダンスの息もピッタリなところを見せつけてくれた。正に伊豆田支配人イズム「やる気」が若いメンバーにも浸透している確たる証拠であると筆者は感じることができた。また合間のトークではそれぞれの歌の内容についてメンバーが説明してくれていた。ちなみに「チェンマイ106」の106はチェンマイまでを繋ぐ大都市間幹線道路・国道106号線のことだと言う。

モーラム界にも話題の「ドーディドン」

とかく今回のイベント、演出が豪華だった。これまでのリリースイベントと言えば、お披露目曲をメインに他の歌やトークを少し織り交ぜてお終いというのが定番だった。それで全く正解なのである。ただ今回は、「HIGH TENSION COMPANY」と題し、オフィス仕立ての小芝居をふんだんに盛り込み、他の話題曲も惜しみなく披露してくれた。例えばJennis&Musicの「LET U GO」,Cherprangのソロ「It’s Life」、Jibのソロ「It’s Me」、Line TVドラマ「One year」内の挿入歌2曲、そして現在タイ・モーラム界でも認められた「ドーディドン」まで披露してくれた。

(他にMobileソロの「ヂャークヂャイ・プゥサーオ・コンニィ」も)これが全部無料でみれるなんて、やりますね運営さん!って感じになりますよね? 当り前ではないですからね。普通経営のこと考えたら無理です。

メンバー自身も楽しめるシナリオ設定

いよいよメインの「High Tension」登場なわけだが…。元ネタはAKB48メジャー46作目の曲である。センターのメンバーが指パッチンをすると曲が始まるところは一緒だが、BNK48バージョンはそのシナリオ設定が面白い!イベント表題にもある通り「HIGH TENSION COMPANY」というナムヌンCEOが率いる企業体が舞台となり、MVが展開される。そして選抜メンバー16人(Jennis,Noey,Cherprang,Music,Orn,Tarwaan,Mobile,Kaew,Jane,Myyu,Fond,Kaimook,Pupe,Gygee,Namsai)にも思わず「クスっ」となるような役職がついている。例えばゲーオ(Kaew)は「年配の財務部」、ヌーイ(Noey)は「超美人秘書」、オーン(Orn)は「他企業からのスパイ」、ジェーン(Jane)は「(動物の)飼育係」などなど。細かい背景は分かりかねるが、メンバーらの意見も聞き配役設定したのだろうと、その楽しんでいるメンバーの姿をつい想像してしまう。こういったユーモアはタイならではなのではないだろうか。

最後は囲み取材も含めて20時過ぎまでイベントは続いていた。有料でもおかしくないほどのイベント演出に来場したファンのすべてに笑顔が戻っていた。すべての人を満足させるのは容易ではない。ただこのようなイベントを無料で開催できるタレント運営会社はそうはないと思う。「木を見て森を見ない」にならないよう、一部のファンにはお願いしたいところだ。

ANNGLE STORE
タイでウケるTシャツ
タイ語Tシャツ(パクチー多め)
¥ 2,580