Now Reading
最近のタイ景気は上向きなのか!?

最近のタイ景気は上向きなのか!?

今のタイは景気いい!?

製造大国タイで、来年の景気動向を占う意味でも大切なASEAN最大級の工作機械などの展示会「METALEX 2018」が、21~24日にわたって開催されました。

数千万円のブース展示

中でも注目は、同展示会の目玉とも言える機械商社「山善(タイランド)」のブースで、今年は800㎡の規模で挑んでいました。聞けば、会場で次に広い展示スペースでも約400㎡。それだけでも同社の規模感が分かりますが、かかった費用は約4,000万円。製造業系のイベントで、ここまで大きな予算をかける企業は他になく、話しを伺うだけで“景気回復”の四文字が浮かび上がってきました。他社のブースでも、多くの日系企業から「景気は良いと思います」「仕事は忙しいですね」「来年はさらに期待できると感じています」など、2018年、タイ製造業の景気は上々のようです。

METAKEX Photo by METAKEX FB
METAKEX Photo by METAKEX FB

本物の景気回復

以前、地元紙にタイ財務省財政政策局(FPO)の金融政策アドバイザーのコメントとして、「農家所得が改善し、自動二輪車の登録台数が増加した。タイにおける景気回復が地方部まで波及しつつあることの証拠でしょう」と載っていましたが、首都バンコクに留まらず、地方部にまで広がりつつあるのであれば、いよいよ景気回復は本物かもしれません。

バンコク
バンコク phot by ANNGLE

© 2019 ANNGLE(THAILAND)Co.,Ltd. All Rights Reserved.