浦和レッズが国際草の根交流で来タイ!「スポーツで、もっと、幸せな国へ。」

Last updated:

日本のプロサッカー「Jリーグ」の強豪、浦和レッズが主催するタイの子供たちを対象とした恒例のサッカースクール「ハートフルサッカー in タイランド」が30日、バンコクで開幕した。元日本代表のコーチら5人と、初日の会場となったバンコク・クリスチャン・カレッジの小学生約50人が参加。サッカーを通じた心と心の交流を楽しんだ。

レッズが同様のイベントをタイで開催するのは、今回が9回目。2007年のAFC(アジアサッカー連盟)チャンピオンズリーグで、日本のクラブチームとして初めて優勝したレッズ。それを記念して本格的に始まったのが「ハートフルサッカー」の取り組み。

スクールはこれまで、タイのほか中国、インドネシア、韓国、UAE、マレーシア、シンガポール、香港、バングラディッシュ、台湾で開催され、のべ回数は計84回、総参加人数はのべ約5500人。

O

「スポーツで、もっと、幸せな国へ。」を合言葉にレッズ、そしてJリーグが進める国際草の根交流。その中心となる考え方が「技術ではなく心を育む」。技術ばかりだけではなく、スポーツの楽しさ、仲間の大切さを学んでほしいと、教育的な観点を取り入れているのが特徴だ。

「スポーツは楽しい」⇒「みんなで楽しもう」⇒「楽しむにはルールを知らないと」⇒「ルールを知るのはコーチの話を聞こう」というのが基本的な取り組みへのスタンス。初日のこの日も、コーチ陣から「ルールをしっかり守ろう!」と繰り返し指示があった。

O

全体ミーティングでは、コーチ・スタッフを代表して落合弘キャプテン(2010年日本サッカー殿堂入り)が挨拶。「楽しむことはふざけることではありません。ボールを奪われて悔しかった時に、シャツを掴むなんてもってのほか。その悔しさを乗り越え、一生懸命プレーしてほしい。その積み重ねがサッカー。だからサッカーは面白い」と話があると、子供たちは真剣な面持ちで聞き入っていた。

スクールは30日午後、バンコク日本人学校に場所を替えて開催された後、5月1日はバンコク北部クリスタル・フットボール・クラブでチェンマイのサッカークラブ「ロムサイFC」の子供たちを招いて行われる。

あなたにオススメの3本
タイの人々の暮らし 第9回 外食にかける一人あたりの予算と日本食の頻度... タイの人々の日常的な暮しを紹介する連載企画「タイの人々の暮らし」。前回の「タイ人客が好んで通う外食チェーンと外食頻度」に続いて、今回は「タイ人客が外食にかける一人あたりの予算規模と日本食頻度」のお話。是非、ご参考に――。 今回も引き続き「外食...
高脂血症―ちょっとは知っておきたい「タイの病気」シリーズ。第6巻... 短期連載シリーズ「タイの病気」。今回は、欧米人や日本人ほか現代人に最も馴染みのある病気ともされる高脂血症について取り上げる。 高脂血症は、血液中の脂質が異常に膨れ上がる成人病。数年前からは脂質異常症とも呼ばれるようになった。最近では経済的に豊かになったタ...
洪水の次は干ばつ!?東部工業団地の貯水池で大規模干ばつの兆候... 昨年の洪水被害から間もなく1年。タイ政府はチャオプラヤ川上流のダムの放水を前倒しするなど防水対策を継続しており、現在のところ昨年のような大洪水が発生するとの危険性は高まっていない。 ところが、ここに来て新興の工業団地が立ち並ぶタイ東部では深刻な「水不足」...
Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed
よく見られてる一本
発表会の様子
BNK48 6thシングル選抜総選挙の続報