\タイ人が日本語で答える"ANNGLE-Q"/
Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed

タイの人々の暮らし 第5回 飲食産業の規模推移と平均的物価

ごく一般的なタイ人家庭の様子を紹介する新企画「タイの人々の暮らし」。今回からは、衣食住などジャンルごとに細かく見ていくことにする。初めは、最も関心の高い「食」。タイにおける食品の流通規模はどのくらいで、一般的な食品の価格(物価)はどれくらいなのかをまとめてみた。

food_gdp

まずは、食品流通市場の規模。タイ国家経済社会開発委員会(NESDB)の統計に「卸・小売」の括りがあるので、これを一つの指標として見てみる。それをまとめたのが上図。

純粋に食品だけを表したものではないが、十分参考にはなる。出生率が下がっているとはいえ、まだまだ食品市場は拡大の一途。工業化が進む中でも、GDP全体に占める割合も、大きくは落ち込んでいない。当面はこうした市場動向が続きそうだ。

price_foods

では、タイでは一般的な食品がどの程度の価格で販売されているのかを抽出してまとめた一覧が上図。anngle編集部がバンコクのトンロー、エカマイ地区を聞き取り調査し、その最安値をまとめた。タイに長年、居住されている方にとっては知り尽くした情報かもしれないが、在日本の読者もいるので、そこはご容赦を。

やはり日本食製品の値段が圧倒的に高いことが分かる。一方で、屋台やスーパーでもタイ料理やタイの食品素材は極めて安価。これが、タイの人々の暮らしの支えになっている。

thai_lifestyle (4)

だが、だからと言って、タイの人たちが日本食製品を採らないかと言えば、そうではない。前回も紹介したように、タイの人々の所得水準は確実に上昇しており、今では日本食も社会の隅々まで行き渡るようになった。そのあたりのデータは次回以降に――。

微笑みの国タイ。街を歩けば誰彼となく、笑顔で挨拶を返してくれる。それがタイ。人々は親切で、温かく、また来てみたくなる、心のふるさと。でも、実際に現地のタイの人たちがどんな暮らしをしているのかまではあまり知らない。新企画「タイの人々の暮らし」では、そんなタイ人家庭の様子や、ごく普通のタイ人がどんな暮らしをし、どんなことに関心を持っているのかを一話完結で紹介していく。

オススメ記事
ミャンマー・ダウェーで進む深海港プロジェクトが、日本も参加して本格始動へ!... 新たな産業回廊としての期待が高まる東南アジア・ミャンマー南東部の都市ダウェー近郊。年間降雨量が5000ミリを超す熱帯の一漁村が注目されるのは、ここにミャンマー政府が検討を進める深海港や工業団地など巨大なインフラ計画があるからに他ならない。その開発計画が事業調査...
新南ラオス紀行【第2回】-国境検問所を越えて- 東北地方最東部ウボン・ラチャタニ県の玄関口、ウボン国際空港。「国際」とはあるが、国際便の発着はなく、わずかな定期便があるだけの静かな田舎の地方空港。洪水被害から回復したばかりのドン・ムアン空港(バンコク・ドンムアン区)を発ち、LLC(格安航空会社)のノック・エ...
知っていましたか?バンコクで「日本近現代史を識る会」開催中!... 夏の参院選が近づいてきた日本では、憲法のあり方や歴史認識をめぐって、喧々諤々、連日、議論が沸騰中。先日も、国会議員でない国政政党の党首の一挙手一投足が注目され、その顛末ばかりに関心が集まったが、同じ教育を受けてきた日本人でありながら「歴史認識」がどうしてここま...
タイの人々の暮らし 第12回 食品関連事業者座談会「中間所得者層がカギ!」... 平均的なタイの人々の暮しを紹介している連載企画「タイの人々の暮らし」は、今回が「食編」の最終回。前回の一般消費者座談会に続いて、今回は食品関連事業者の座談会を開催。飲食店やスーパーの経営者らが、タイの一般消費市場をどう見ているのか。匿名で本音を語ってもらった。...
メディア
よく見られてる一本
イサーン最果ての地、ウボンラチャタニーのキャンドル祭り