\タイ人が日本語で答える"ANNGLE-Q"/
Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed

新南ラオス紀行【第11回】-南ラオス最大の市場「タラート・ダオファン」-

Last updated:

ラオス第2の都市・チャンパーサック県パクセー郡。旅の終わりに、当地にある最大の市場「タラート・ダオファン」を訪ねた。

メイン通りから正面の門をくぐると、まず眼前に広がるのが、どこにでもありそうな貴金属売り場。華僑資本らしい金色と赤色の装飾看板の下でラオス人の売り子が、いつ来るかも分からない観光客を静かに待っていた。「一体、誰が買うのだろう」というのが率直な印象。

その奥、路地を進んだ突き当たりに生鮮食料品の売り場はあった。まず目についたのが、コンクリートの三和土(たたき)に並べられた鮮魚の数々。すべてメコン川で水揚げされたものだという。幼い子どもたちも手伝いに専念。

見たこともない魚形。おちょぼ口なのに胴体はでかく、図鑑で見た深海魚にも似た姿。アンコウのように横広で、松本清張に見間違えようかという膨れ上がった唇。夥しいハエが群がる中、魚は仲買人らによって、次々とさばかれていった。傍らでは、手製の塩からも売られていた(ピンク色や緑色のバケツ)。

鮮魚売り場のすぐ隣には、色とりどりの青果物。青菜、ニンジン、玉ネギ、ブロッコリー、白菜、唐辛子…。市場規模では遠く及ばないが、タイ最大の生鮮市場「タラート・タイ」にも負けない華やかな色彩を放っていた。

ここでも生姜やニンニクといった香味野菜が重要な食材の一つに。ネットや段ボール箱に詰められたキロ単位で販売されていた。正午近くになると、店じまいを始める売り場も出てくる。

かつてあったチャンパーサック王国をめぐる旅も今回が最後。現在の南ラオス・チャンパーサック県には、豊かで険しい自然と、変わることのない人々の暮らしがあった。
※次回は、新南ラオス紀行【番外編】をお届けします。

こちらの記事どうぞ
また訪れタイ!外国人が認めるタイ旅行の面白さ タイは東南アジアでもっとも外国人が行き来する国。今年11月〜来年3月まで、タイに入国する外国人は5095万人とも言われ、未だに海外旅行先としての人気は未だ留まる事を知らない・・・ 90%がまた来たい!タイはリピーター率の高い国 タイのバンコク大学は11...
進む円安バーツ高。この5ヵ月で2割も下落! 「数字で見るタイ事情」その6... つい先日、バンコクを訪れた友人が悲鳴を上げていた。「おいおい、マジかよ。この間、8月に来た時は1万円を両替して4000バーツ以上あったのが、今じゃあ3000バーツちょっと。これじゃあ、土産を減らさなくちゃいけないな…」 このところ急激な勢いで進む円安バー...
New Latitude Wine 新緯度帯ワインの魅力。第9回-フラッグシップの誇り... 【Asok Cabernet Sauvignon 2009】(アソーク・カベルネソーヴィニヨン)生産地:カオヤイ カオヤイのワイナリー「GranMonte(グランモンテ)」が誇るフラッグシップと言うべき赤ワイン。カベルネソーヴィニヨン60%、シラ...
タイ最大の生産地!ロッブリー県の巨大ひまわり畑 ひまわりといえば、日本では夏に咲く花の代名詞だよね。太陽に向かって力強く咲くひまわりは、万人の心を勇気づけて明るくさせる。そんなひまわりを飽きるほど眺めたい!360度ひまわりに囲まれてみたい!という人にうってつけなのが、タイのロッブリーにある、ひまわり畑。って...
よく見られてる一本
タイ料理とビール
ビールと相性のいいおすすめタイ料理5選