Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed

新南ラオス紀行【第5回】-村で唯一の小学校を訪ねた-

Last updated:

人々は水面とともに暮らしていた。この地域では、木造の小舟が中州の島と島を結ぶ貴重な移動手段。茅葺き屋根の住居は雨期の増水に備え、かなり高い位置に床面を据えている。最近、衛星アンテナが設置され、ようやくテレビが視聴できるようになった。

だが、こうした潤いは、川辺のごく一部だけだ。一歩、足を踏み入れた広い中州の奥地は、サバンナのように干からびていた。かつて水田だったと見られる耕作跡地もどうしたわけか放置されたまま。中州の村は乾ききっていた。

デッド村で唯一という小学校の建物を訪ねた。木製の扉をくぐると、眼前にはトタン屋根の粗末な校舎が1棟。村人に聞くと、建物はこれだけだと話していた。中学校以上は、対岸の街に行かないとないという。

校舎の中を見せてもらった。木製の横長机に共同の腰掛け。むき出しの土の床には、浜辺の白い砂が薄く堆積していた。前方には教卓と黒板が2枚。最後の授業は英語だったのか、それとも子供のいたずら書きか、I Love Youの文字が残っていた。

教室は棕櫚(しゅろ)のついたてで区分けされた2室のみ。もう一方の教室はどうなっているのだろうか。覗いてみると、黒毛のニワトリが机の上でダンス中だった。

この先、車で15分も行ったところに、観光地と土産物屋があると聞かされた。早速、向かってみることに。砂埃を上げて進むトラック。改造した荷台には大人が雄に20人は座ることができる。ほどなく駐車場に着いた。ここから先徒歩で10分も進んだところに、それはあるという。人がようやく通ることのできる木造の橋を渡って進むことにした。

あなたにオススメの3本
レディー・ガガ発言に反発のタイ政府、海賊品撲滅に向け取り締まり強化... 米国のスーパースター、レディー・ガガが、バンコク公演のため自家用ジェットでタイ入りした直後に、「バンコクで偽物のロレックスを買いたい」とツイートした“事件”は、タイ商務省知的財産局のPajchima Tanasanti局長が「タイに対しての侮辱だ」と反発するな...
AECって言うけれど…金融機関の与信残高を見る 海外から投資を行う際、全額を内部留保で賄える企業は、そう多くはない。銀行など金融機関からの融資を受けるケースがほとんどで、タイをはじめ東南アジアでも例外ではない。そこで注目されるのが、こうした民間金融機関が設定する与信枠。回収ができなくなることを想定して、あら...
新南ラオス紀行【第3回】-「海」を知らぬ内陸の国-... 現在の南ラオス・チャンパーサック県にかつてあったチャンパーサック王国は1713年、メコン川北部の都市ビエンチャンにあったラーンサーン王国が王位継承の混乱の結果、分裂する形で誕生した。だが、独立後間もなくして西隣のシャム(現在のタイ)の征服を受けると、以後はシャ...
よく見られてる一本
あなごアイコンの謎