Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed

新南ラオス紀行【第4回】-中州の村へ-

Last updated:

どこまでも澄み渡る青い空。透き通る空気。メコン川沿いの船着き場には、早朝から渡し船やガイドを求めるタイ人や欧米人の観光客らが詰めかけていた。

これ以上はないという観光日和。水面では、水遊びに興じる子供たち。修理のためか、中州の村から運んできたと見られるスピーカーを船から降ろし、リヤカーで押す若者の姿もあった。

船は全長15メートルほどの木製。乗客は救命胴衣を渡され、2列になって奥から詰めて座っていく。小型のエンジンと櫂があるだけの簡素な造り。ほどなく満席になると、船は沖合に向かって動き始めた。

最初に見えた中州のすぐ脇では、釣り竿を手に釣りを楽しむ子供たちの姿が。行き交う船はほとんどスピードを落とすこともなく、何事もないかのように通り過ぎていく。ここではメコンの水面が重要な交差点であり、生活の場となっている。

間もなく見えてきたのが、対岸の中州に最近建てられたという外国人(主に欧米人)向けのコテージ群。ここで余暇を楽しむのが最近の流行だとか。

30分ほど乗船しただろうか。中州の中でもほぼ中心部に位置するデッド島に到着。この地点のメコンの川幅は優に10キロを超える。出迎えてくれたのは、島の小学生。「今日は学校は休み」と話していた。満面の笑顔に、乗客も自然と笑顔で挨拶。「サバイ・ディー」。

最初に訪ねた中州の村は「ドンデット・ビレッジ」。人口数百人の小さな村から中州の村々を訪ねる旅が始まる――。

あなたにオススメの3本
AECって言うけれど、比べてみてどうなの? なんとなく始めた本企画も、こだわっているうちに少しは面白くなって、はや10回目。今回からしばらくは、2015年末に誕生するASEAN経済共同体(AEC)を特集してみることに。「AEC、AECって言うけれど、他の経済共同体と比べてどうなの?」。まずは、こういった...
飲み代を運ぶ名物犬が大人気!バンコク・スクンビット38の屋台街が熱い!... 狭いエリアに100近い屋台がびっしりと建ち並ぶバンコク、スクンビット・ソイ38の屋台街。会社帰りのOLや既にほろ酔い加減のサラリーマンが気軽に立ち寄るタイ料理のローカル飲食街である。テーブルの直ぐ横をタクシーが通るほどの狭い一角。ここに、名物の「飲み代を運ぶ犬...
タイの大学新卒者の給与は医師が最高水準!一般事務の5倍以上にも!... タイの大学を卒業したばかりの新卒者の職業別平均月給水準は、医師がトップの5万1000バーツ(1バーツ=約2.5円。約12万5000円)、次いで歯科医師の4万8000バーツ-。こんな結果がタイ国家統計局のまとめで分かった。 詳しい内訳は上記イラスト...
よく見られてる一本
99回目-バンバンバンコク
第99回 タイのおとなりビエンチャン