Now Reading
ほんとに進んでいるの?タイの東部経済回廊

ほんとに進んでいるの?タイの東部経済回廊

Photo by canchamthailand

タイ投資委員会(BOI)事務局によると、2015~18年における投資申請件数は5518件で、総投資額は2兆2898億バーツだったそうです。このうち、「東部経済回廊(EEC)」地域の3県向けの投資額は全体の54%に当たる約1兆2400億バーツに達しています。

一時は「半信半疑」と様子をうかがう声も多かったようですが、裏ではちゃっかり投資していたんですね。また、昨年は「アリババグループ」の創業者であり、カリスマ経営者として知られるジャック・マーが来タイし、EEC域内でのEコマース関連業での巨額投資を約束して帰りました。

タイへの直接投資件数トップは日本

ちなみに、外国資本が10%以上入った企業の2018年の投資申請は1040件(前年比17%増)で、タイへの海外直接投資(FDI)額は前年(2888億7800万バーツ)から倍増し、5825億5800万バーツとなりました。そのうち投資申請件数が最も多かったのが日本で、全体の32%を占めました。

「日本凄い!」と思うかもしれませんが、残念ながら投資件数ではトップですが肝心の投資額となると話は変わります。日本の投資額は744億1600万バーツでしたが、米国は件数こそ38件と少ないのですが、金額は3339億5500万バーツとトップです。

dariasophia / Pixabay

どうする?ボトムアップ型の日系企業

閑話休題。おさらいですが、「EEC」はプラユット暫定政権が中進国の罠からの脱却を掲げ、16年にぶち上げたタイの新産業戦略“THAILAND4.0”の中核プロジェクトです。チャチューンサオ、チョンブリー、ラヨーンの3県にまたがり高速鉄道やインフラ整備、投資促進などを行い注目を集めています。

なお、県別の投資額は、チョンブリー県が7,381億5,700万バーツ、ラヨーン県で3,835億7,000万バーツ、チャチューンサオ県は1,170億3,400万バーツ。政府が重点産業とする10産業(次世代自動車、農業とバイオテクノロジー、食品加工、ロボット、デジタル、航空機など)への投資申請額は1兆4,933億バーツと、全体の65%を占めました。

See Also

nathantwarne / Pixabay

東部経済回廊は着実に進んでいた

当初は夢物語だった「EEC」ですが、着実に進んでいたんですね。とはいえ、このうち日本がどのくらい入り込んでいるかはわかりません。ボトムアップ型の企業が多いのが日本ですから、投資シェアトップではないでしょう。

いずれにせよ、イースタン・シーボードと呼ばれる3県は、35年ぐらい前に「こんな壮大な計画が実現する訳がない」と日本人が笑っていた計画でしたから、10年後にEECは変貌を遂げ「こうなるとは思わなかった」と同じことを言うのかもしれませんね。

© ANNGLE THAILAND All Rights Reserved.

 

Scroll To Top