Now Reading
BNK48のNHK紅白歌合戦とその舞台裏

BNK48のNHK紅白歌合戦とその舞台裏

BNK48 紅白歌合戦の舞台裏

2018年平成最後を飾る「NHK紅白歌合戦」にて歴史的快挙を成し遂げたBNK48の面々。それぞれのメンバーがそれぞれ日本を満喫する姿を各SNSでかいま見ることができる。ただ実際の現場では、想像以上の緊張が走っていたようだ。実際の本番で、これまでほとんど現場で緊張したことないと言うMobileが言葉につまり、過呼吸のような状態に陥ったことは皆さんの目に真新しいであろう。

他のメンバーも実際かなりな疲れを感じていたのか、終わった後に体調を崩したメンバーも多かったようだ。筆者が空港でメンバーを出迎えたとき、一人だけマスクを着けていた大久保美織(Miori)さんも風邪をひいての帰国(タイ)であったそうだ。(事情通談)

関係者とつなぐ日本人メンバー

その実際の舞台裏で見えない活躍をしていたのが、同じく日本人メンバーで元AKB48でもある伊豆田莉奈(IZURINA)さんだ。他のBNK48メンバーはもちろんタイ人なので、日本語が流暢というほどのメンバーはいない。Mobileは日本に滞在していたとは言え、一か月程度なので、打ち合わせやその他複雑な会話をこなせるわけではない。その時に活躍したのが伊豆田莉奈(IZURINA)さんなのだ。彼女が間に入って通訳のような役目をしていた(しなければいけなかった含む)ようなのだ。

伊豆田莉奈(IZURINA)さん
伊豆田莉奈(IZURINA)さん Photo by Tossy

彼女はAKB48としてNHK紅白も出演経験があり、人から可愛がられる人柄なので日本での人脈も多く、BNK48のメンバーを紹介して回ったり、さながらマネージャーのような役割りもこなしていたようである。そういった面でも相当の披露があったであろうと筆者は感じ取った。彼女のそのような活躍が、実際の本番で大きなミスもなく、あの大舞台を成功に導いたものであると筆者は信じて疑わない。

多忙で尾木汁食べれず!

NHK紅白のような現場では、自発的に大御所や老舗事務所などが現場に様々な差し入れをするのが習わしである。その一つに業界内では有名な通称「尾木汁」というものがある。今回は卒業を発表したHKT48の指原莉乃さんが紅白の会見時に「プロダクション尾木さんからの差し入れの尾木汁が好きだ」といったところ、尾木社長自ら差し入れに来てくれたそうだ。写真のような身も心も温まりそうなトン汁のようなものである。ただ残念ながらBNK48のメンバーは尾木汁を口にすることはできなかったようだ。

尾木汁 Photo by BNK48 FB
尾木汁 Photo by BNK48 FB

なお今回のNHK紅白出演に大きく影響を及ぼしたのは、その指原莉乃さんの影響が強いと言われている。昨年(2018)の10月に指原さんがタイを訪れ、BNK48劇場や2shot撮影会の現場を視察し、指原さんとBNK48メンバーが一緒に「恋チュン」を熱唱したことが一つのきっかけにもなっていると言われている。伊豆田莉奈(Izurina)さん曰く、指原さんなしに今回の出演は実現できなかったとまで言っているそうだ。

See Also

皆さんの目にはどう映りましたか? 

改めて今回の紅白を見直してみても面白いかもしれません。

© 2019 ANNGLE(THAILAND)Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll To Top