Now Reading
全国のタイ王国ファンよ、東京・代々木公園に集結せよ!

全国のタイ王国ファンよ、東京・代々木公園に集結せよ!

BNK48も2年連続で出演決定!~THAI FESTIVAL TOKYO 2019

今週末5月11日12日は、日本在住のタイ王国ファンが待ちに待ったイベント「THAI FESTIVAL TOKYO 2019」(以降タイフェスと呼称)が開催される(雨天決行)。前身は「タイフードフェスティバル」と銘打っており、普段身近ではないタイ料理に触れてもらうことが主だったイベントであったが、現在はタイ王国の伝統や文化など多様に紹介するイベントとなっている。ムエタイや民族舞踊、タイマッサージなどを本場さながらに体感することもできるのだ。あきらかにべたな前置きとなってしまったが、こんな記事なら他で読むわ!と言われそうなので本題に入ろう。

タイフェスでBNK48登場

筆者がフィーチャーするのはもちろん「BNK48」の出演である。今年で2回目となるのだが、その情報を筆者は一足お先に得てはいたのだが、例年と異なりちっとも公式発表に至らなかったもので、本当に行くんだろうかとギリギリまでヤキモキさせられた形となった。(これまでも突然の変更がよくあったので)しかし今回のタイフェスの選抜メンバーがなかなか憎い。デビュー当初より日本人ファンをも魅了し、昨年の年末の紅白でも大きな爪痕を残してきた大人気のミュージック。タイ人メンバー内では筆者が激烈に推す美人どころのジェーンとジャー。

前田敦子似と日本人にも認知度の高いマーイ(英語表記Mindはタイ語発音でマーイと読む。名前なので正確に呼んであげよう)一部の熱狂的な日本人ロリファンが早くも青田買いをしているジップ。そのメンバー全員をきちんと通訳からダンスレッスンまでまとめるのがもはやBNK48に欠かせない存在、伊豆田莉奈(いずりな)だ。この日本人BNK48ファンを意識した総勢6名でタイフェスを盛り上げ、タイフェス総来場数の底上げを計ることになるだと信じて疑わない。

全員去年より一回りも大きくなって帰ってきたので、是非イベント内特設ステージのBNK48ミニコンサートにお越し頂くことをお薦めするぞ。
ただ、前列は知り合いのヲタ集団で埋め尽くされてしまっていると思うけど。。。(汗)

決して順調ではないタイ・アイドル業界

このようにBNK48はどこ吹く風とvictory roadを依然順調に進んでいるが、日本国内はNGT48問題で大きく揺れている。実はタイ国内のアイドル業界も順風満帆というわけではなかったのだ。昨年あたりよりBNK48に追いつけ追い越せと多くのアイドルグループが誕生し、Idol Expoなるイベントも成功を納めタイアイドル業界真っ盛りのように世間の目には映っていた。しかしながら、各々の運営実態は決して順調なものではなかったようだ。

その次世代アイドルの中でかなりな知名度を上げていた「7th Sense」が突然の解散を発表した。アイドル経営を甘く見積もりすぎたがため一気に破綻したようである。筆者的には完全に想定内の事柄で特段驚きはなかった。筆者も日本でタレント事務所を経営していた経験から外野的な立場から申すわけでなく、この業界で黒(字)を出すのはそう簡単な話ではないということは身をもって知っている。タイでは何か一つの商売が成功するとすぐに同じようなコピー商品が巷にあふれる光景を目にする。ただアイドル経営をよく知らぬ者がちょろい商売だと思って参画すると痛い目にあうだろう。また参画後、撤退するのが実はもっとも難しい商売なのだ。

7th Sense

恐らく今現在も進行形で既にやめたがっている運営もいるかもしれない。そのタイミングがつかめず、ただ惰性で続けなければならないと思い込み続けるそんな苦しい日々を過ごしているグループもあるかもしれない。メンバーだけがその事実を知らされず、今回のように突然放り出されることも少なくない。メンバーは盲目に組織に流されるのではなく、自分の人生に責任を持つのは自分しかいないことを見つめながら、活動しないといつか痛い目に会う事だろう。事務所はある日突然そのブラックな部分を見せつけてくるからである。

© 2019 ANNGLE(THAILAND)Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll To Top