\タイ人が日本語で答える"ANNGLE-Q"/
Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed

4分で母親と会うことの大切さを教えてくれるタイのCM

母親の偉大さをストレートに伝えてくれるタイのCM
母親の偉大さをストレートに伝えてくれるタイのCM
Last updated:

近年、タイもバンコクを中心に都市化が進み、都会の娯楽や仕事に縛られお正月も里帰りしない人が増えてきている。

そんな、変わりつつある昨今のバンコクの若者に問いかけたのが、以前、ヒトとの繋がりの大切さを表現したCMを制作したタイの大手ケータイキャリアのTRUE。今回の作品は最近の若いタイ人や都会で生きる人にとって染みるような内容。

旧正月ソンクランを向かえて娘たちが田舎に帰る中、渋滞などを理由に長男だけは2年間田舎に帰っていない。
旧正月ソンクランを向かえて娘たちが田舎に帰る中、渋滞などを理由に長男だけは2年間田舎に帰っていない。
娘たちが田舎へ戻っていった後、息子は友人を水かけ遊びに誘うが、みんなは田舎に里帰りしていた・・・
娘たちが田舎へ戻っていった後、息子は友人を水かけ遊びに誘うが、みんなは田舎に里帰りしていた・・・
自宅で何もせずに夜が更け、1人インスタントヌードルを食べてると、突然LINEで母親と過ごす妹弟の写真が送られてくる。
自宅で何もせずに夜が更け、1人インスタントヌードルを食べてると、突然LINEで母親と過ごす妹弟の写真が送られてくる。
さらに娘たちはFacetimeをつなぎ、息子に「なにたべてるのー?」と尋ねる・・・
さらに娘たちはFacetimeをつなぎ、息子に「なにたべてるのー?」と尋ねる・・・
息子は親と一緒に御飯を食べる姿をみて、母親に「どうして帰ってこないの?」と尋ねられ、しばし黙りこんでしまう。
息子は親と一緒に御飯を食べる姿をみて、母親に「どうして帰ってこないの?」と尋ねられ、しばし黙りこんでしまう。
続けざまに「そんな美味しくないモノを食べてないで、こっちに来て一緒に美味しいご飯を食べようよ。」と誘われる。
続けざまに「そんな美味しくないモノを食べてないで、こっちに来て一緒に美味しいご飯を食べようよ。」と誘われる。
息子は3年前の写真を見て、「中に一緒にいれてよ!」と母親に答え、その日の夜に実家に向かう・・・
息子は3年前の写真を見て、「中に一緒にいれてよ!」と母親に答え、その日の夜に実家に向かう・・・
翌朝、どうしてDukdik(飼い犬)が白い粉がついてるの?というFACEBOOKに投稿される
翌朝、どうしてDukdik(飼い犬)が白い粉がついてるの?というFACEBOOKに投稿される
翌朝、突然長男が到着し、3年部に親と再開したのであった・・・
翌朝、突然長男が到着し、3年部に親と再開したのであった・・・

いくら技術が発展しても、人のぬくもりはだけは伝わらない。時間が経つにつれ自然と親と共有できる時間は短くなっていく。だからこそ、1年に一度は母親もとに顔をだすべき・・・

連休は友人と一緒に時間を過ごすのも楽しいかもしれないけど1年に一度は母親や家族と面会し、充実した一家団欒の時間を過ごすべきではないでしょうか。

そんなストレートで心温まるタイのCM。タイ人に学ぶべきポイントはまだまだ沢山ありそうだ。

オススメ記事
都市伝説ではないタイの技術!”王様の雨” タイという国は比較的赤道に近い熱帯地域であることから、乾季の時期には地方で干ばつによる水不足がときおり発生している。しかし、この"自然災害"をくい止める技術をタイでは10年以上前か...
ガチだけどタイではバカげた試合といわれるムエタイ映像... これはタイのムエタイ試合のブレイクタイムで行われたエキシビジョンマッチ。 足を滑らせ転倒するが見事にヒットする回し蹴り、対戦者同士のタイミングの合った膝蹴りとパンチ。そして、...
道草タイランド珍道中のはじまりはじまり タイに住み始めてから時々日本に帰国する度に思うコトそれはタクシーが恋しゅう。終電を気にして飲む日本とは違い、どんなに飲んでもタクシーで帰れるのはバンコクの魅力のひとつでもあります。...
編集
よく見られてる一本
タイ人と働く
タイ人と働くということ