\タイ人が日本語で答える"ANNGLE-Q"/
Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed

主催者も唖然!タイの出家式のご祝儀袋に「アニメのニセ札」

袋から出てきた、アニメが描かれた「おもちゃの紙幣」©Kapook
袋から出てきた、アニメが描かれた「おもちゃの紙幣」©Kapook

タイ南部のチュムポーン県で行われた、とある出家式での出来事がタイのSNS上で話題になっている。

ご祝儀袋におもちゃのお金が・・・

出家式で、近所の方からいただいたご祝儀袋(タムブン(=徳を積む)袋)に入っていたお金が、何とアニメのキャラクターが描かれたおもちゃの紙幣(偽札)で、主催者である出家者のご家族があまりにビックリし、気分を害されたとのこと。

袋に入っていた偽札は、1000バーツ札が5枚と、500バーツ札が1枚の計5500バーツ。

他の袋と比べて厚みが不自然だったのと、袋に名前が書かれていなくて、ちょっと違和感を感じたとか。

この主催者の方は、最終的に「良い気がしないから、他の人には同じことをしないでほしい。」という話をしに、偽札を持って来た人の所へ伝えに行ったそうです。

主催者の方が受け取った「おもちゃの紙幣」 ©Kapook!
主催者の方が受け取った「おもちゃの紙幣」 ©Kapook!

「ガモー紙幣」の“ガモー”は・・・実は日本語

こちらのアニメのキャラクターが描かれた偽札ですが、タイでは、「ガモー紙幣(タイ語で“ベンク・ガモー”)」と呼ばれています(ベンクは「紙幣」の意)。

“ガモー”が気になって調べてみたところ、タイの掲示板サイト「パンティップ」によると、“ガモー”は、日本で1970年代に日本で放映されていた特撮テレビドラマ『スペクトルマン』の主人公、蒲生譲二(がもうじょうじ)の名字である、“がもう(蒲生)”から来ているそうです。
(主人公の蒲生譲二が変身するとスペクトルマンになる)

スペクトルマン(タイでのタイトルは「ヨートマヌット・ガモー」) ©Pantip
スペクトルマン(タイでのタイトルは「ヨートマヌット・ガモー」) ©Pantip

この『スペクトルマン』の映画が昔、タイでも上映され、また、このスペクトルマンを描いたおもちゃの紙幣が出回り、いつの間にか、“アニメのキャラクターが描かれたニセ札(おもちゃの紙幣)=ガモー紙幣(ベンク・ガモー)”と認識され、今日に至るようです。

スペクトルマンが描かれた「ガモー紙幣」©Pantip
スペクトルマンが描かれた「ガモー紙幣」©Pantip

現在は、コレクションしている方や、おもちゃとして使っている方もいるそうですが、以前ほどは見かけなくなったと友人が話していました。

タイで使われている「意外な」日本語の一つと言えるでしょうか。

Source: Kapook!, Pantip

オススメ記事
タイでは5月1日が休日。「どうして?」という声にお応えして…。... チャクリー王朝記念日(4月6日)やソンクラン(4月13日~15日)などの長かった休みも終わり、一時の酷暑も少しずつ和らいで来たタイ。5月に入りカレンダーをめくってみると、4月に続い...
再び大規模デモ計画!終わりなきタイの反政府デモ 先日、解除されたバンコクの非常事態宣言であるが中心部にあるルンピニ公園や一部官公庁などでは依然としてタイ反政府派による抗議活動が続いている。 そんな中、再びステープ元副首...
「JAPAN FOOD CULTURE FESTIVAL 2013“おいしい日本”がバンコクにやってくる!!」終了まであと3日!... タイへの進出に苦悩する博多もつ鍋を追った! 現在ゲートウェイエカマイで開催されている、日本のB級グルメの祭典「JAPAN FOODCULTURE FESTIVAL 2013」...

無料メールマガジン

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

よく見られてる一本
バンコクの電線
電線類地中化プロジェクトでバンコクの電柱撤去開始