in

主催者も唖然!タイの出家式のご祝儀袋に「アニメのニセ札」

袋から出てきた、アニメが描かれた「おもちゃの紙幣」©Kapook
袋から出てきた、アニメが描かれた「おもちゃの紙幣」©Kapook

タイ南部のチュムポーン県で行われた、とある出家式での出来事がタイのSNS上で話題になっている。

ご祝儀袋におもちゃのお金が・・・

出家式で、近所の方からいただいたご祝儀袋(タムブン(=徳を積む)袋)に入っていたお金が、何とアニメのキャラクターが描かれたおもちゃの紙幣(偽札)で、主催者である出家者のご家族があまりにビックリし、気分を害されたとのこと。

袋に入っていた偽札は、1000バーツ札が5枚と、500バーツ札が1枚の計5500バーツ。

他の袋と比べて厚みが不自然だったのと、袋に名前が書かれていなくて、ちょっと違和感を感じたとか。

この主催者の方は、最終的に「良い気がしないから、他の人には同じことをしないでほしい。」という話をしに、偽札を持って来た人の所へ伝えに行ったそうです。

主催者の方が受け取った「おもちゃの紙幣」 ©Kapook!
主催者の方が受け取った「おもちゃの紙幣」 ©Kapook!

「ガモー紙幣」の“ガモー”は・・・実は日本語

こちらのアニメのキャラクターが描かれた偽札ですが、タイでは、「ガモー紙幣(タイ語で“ベンク・ガモー”)」と呼ばれています(ベンクは「紙幣」の意)。

“ガモー”が気になって調べてみたところ、タイの掲示板サイト「パンティップ」によると、“ガモー”は、日本で1970年代に日本で放映されていた特撮テレビドラマ『スペクトルマン』の主人公、蒲生譲二(がもうじょうじ)の名字である、“がもう(蒲生)”から来ているそうです。
(主人公の蒲生譲二が変身するとスペクトルマンになる)

スペクトルマン(タイでのタイトルは「ヨートマヌット・ガモー」) ©Pantip
スペクトルマン(タイでのタイトルは「ヨートマヌット・ガモー」) ©Pantip

この『スペクトルマン』の映画が昔、タイでも上映され、また、このスペクトルマンを描いたおもちゃの紙幣が出回り、いつの間にか、“アニメのキャラクターが描かれたニセ札(おもちゃの紙幣)=ガモー紙幣(ベンク・ガモー)”と認識され、今日に至るようです。

スペクトルマンが描かれた「ガモー紙幣」©Pantip
スペクトルマンが描かれた「ガモー紙幣」©Pantip

現在は、コレクションしている方や、おもちゃとして使っている方もいるそうですが、以前ほどは見かけなくなったと友人が話していました。

タイで使われている「意外な」日本語の一つと言えるでしょうか。

Source: Kapook!, Pantip

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Written by Yuko

Yuko

北海道旭川市生まれ。大学入学を機に大阪へ。東京での商社勤務の後、夫の転勤に帯同する形で5年間のタイ生活を送る。在タイ中は主にタイ語の勉強と日本語ボランティアに勤しむ。本帰国後、タイ語-日本語の翻訳・通訳の仕事やタイ語(タイ文字)を教え始め、タイ語の面白さを改めて実感中。

Khao Laem Ya – Mu Ko Samet National Park ©Facebook公式ファンページ

今期のタイ国立公園の入場料総額が51億円に!収入が多い国立公園トップ6

©MarketingOops!

リアルタイムでTVを見るタイ人ネットユーザーの割合