ゲリラ豪雨に注意!タイ気象局が雨期入りを宣言

バンコクは雨季
バンコクは雨季
タイニュース

タイの気象局はタイの2018年度雨期入りを宣言した。雨期は10-12月まで続く見通し

タイ全土で集中豪雨勃発

2018年5月26日、気象局はタイの雨期入りを宣言した。タイ全土では連日の集中豪雨が観測され、タイを覆う下層部の風がアダマン海から湿った空気をタイに運んで来る南西の風に変化、一方で上層部の風は東の風に覆われた。これはタイが今年度の雨期に入った事を意味する。

いずれにせよ、特に6月中頃から9月中頃の期間においては雨の量が少なく雨の降る地域は不均一である。これにより、多くの地域では農業を行うのに十分な水が得られない、特に灌漑を行わない地域では必要な水が不足する影響が出る可能性がある。

TAKAからの一言
今年は去年と比べて10日遅い雨期入りとなったが、バンコクではここ数ヶ月異常気象が続き、豪雨に見舞われる日や、ポツポツと雨が降ったり止んだりする時期が続いた。
いよいよ本格的な雨期入りの宣言とあり、読者の皆さんも外を出歩く際は折りたたみの傘を持ち歩くなど急に降る雨の準備をして出かける事をお勧めします。

source:khaosod.co.th

おすすめ関連記事
沖縄観光コンベンションビューロー
traveloka
the giving town
ワッペン堂
レオンテクノロジー
Chatwork
横浜
Spa & Hair LiLAC by 106Hair
yonezawashow10
Tokyu Paradise Park
星野リゾート トマム