,

日本技術の結晶!バンコクの新都市鉄道が試験走行開始

パープルラインの車両
パープルラインの車両

12月14日からタイの新都市鉄道「パープルライン」の試験走行が開始され、完成記念式典が行われました。

パープルラインは日本技術の集大成

パープルラインはバンコクの地下鉄を運営するバンコクメトロ社が21編成63両で運営(全長23キロ 7駅)。車両本体は総合車両製作所(JR東日本グループ)が製造し、駅設備や機材メンテナンスを東芝、丸紅、JR東日本の3社が担当する。今後は2016年5月より無料運行を開始、三ヶ月後の8月12日に正式開業となる。

Reuters photo
Reuters photo

ブルーラインの延伸計画はかなりの遅れ

日本企業との連携で話題が続くタイの都市鉄道開発だが、現在運行中のブルーラインの延伸工事は想定以上に遅れており、最新情報では2019年頃に完成するとのことです。

source:bangkokpost

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Written by anngle

anngle

常に新たな角度を模索しつつ、これまでにないWebマガジンを作るために、命をかけてanngle(anngle th)らしい企画や、ネタ管理を行なっております。当サイトを読んだ読者のみなさまに新たな発想や、好奇心が湧きますように願う日々。

タイのローカルサウナ事情

タイのローカルサウナ事情 vol.1エビ釣り堀の88 SAUNA

タイで始まる新たなアルコール規制

日系飲食店も注意!?2016年から始まるタイの新飲酒規制法