Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed

国の整備は自由を奪う!?タイで屋台やクラブ営業の摘発が強化

タイの屋台とナイトスポットの規制が厳格化
タイの屋台とナイトスポットの規制が厳格化
Last updated:

クーデター以降のタイ軍事政権による厳格な動き

タイ軍事政権の治安維持方針によって世界的にも有名なリゾート地プーケットや、バンコクの隣町フアヒンなどで屋台や露天が次々と摘発を受け始めている。

同時に都内の夜遊びスポットのバーやクラブも厳しい規制が始まり、これまでのタイ独特の”ユルさ”を失いつつあるという声も上がっている。

繁華街から屋台が次々と摘発・・・

8月27日、バンコク中心部にあるセントラルワールド前付近では、バンコク都庁職員とタイ警察よって違法屋台の撤去が一斉に行われた。

また、繁華街としても有名なシーロム通りのサラデーン交差点から続く屋台街の店舗も通常の夜間営業は可能だが、日中の営業は全面的に禁止になり、10月末までに屋台や露天を違う場所へ移転させる方針だ。(移動場所は不明)

セントラルワールド前

夜遊びスポットも厳しい摘発・・・

タイの夜間営業は午前2時までとなっているが、各地の管轄警察の対応によって一部の店舗では4:00前後までお店を営業することができていた。しかし、軍事政権発足以降、各地の管轄警察の管理も厳しくなり、最近は夜に活躍するミュージシャンも仕事を失うような流れも出てきているとか。

タイのナイトライフにも影響

国が整備されるということは、同時に自由を失うという現実も起きる。タイ独特のユルさを求めて滞在していた方にとっては、非常に辛い状況になってきてるかもしれない・・・

あなたにオススメの3本
タイ反政府デモ バンコクシャットダウン終了のお知らせ... タイの反政府デモを主導するステープ元副首相は28日夜、バンコク都内の反政府デモ会場で演説し1月13日から継続してきたバンコクの主要交差点の封鎖「バンコク・シャットダウン」を3月3日で終了させることを発表した。 主要道路の交差点閉鎖は解除、場所はルンピニ公...
タイで起きたトラ寺院騒動と中国の関係 6月2日、トラと触れ合える寺院として有名なタイのタイガー・テンプル(ワット・パ・ルアンダ・ブア寺院)の冷凍庫から、トラの赤ちゃん約40頭分の死骸が見つかった。自然保護当局(WCO)は2001年に同寺院と営利目的でトラを繁殖させたりしないことを約束した協定を交わ...
タイの人工雨製造技術 “王様の雨” 非降雨農地に急ピッチで雨を届ける... 王立人工降雨・農業航空局(通称:ROYAL RAIN)は、雨期で降雨が無い農地に対し、急ピッチで人工雨を降らすように業務を行う。 王立人工降雨・農業航空局のスラシー・ギティモントーン局長は気象局による今月8日から14日までの気象観測データを受け、タイ国内...
編集
よく見られてる一本
ランタン動画
灯籠が夜空を埋め尽くす幻想的な世界