バンコクのドンムアン空港からタクシーに乗ったブラジル人女性が暴行を受ける

バンコクのドンムアン空港からタクシーに乗ったブラジル人女性が暴行を受ける
バンコクのドンムアン空港からタクシーに乗ったブラジル人女性が暴行を受ける

4月25日の現地時間の13:30頃、クアラルンプールからドンムアン空港に到着した20代のブラジル人女性が、空港から徒歩でエアポートホテルへ向かい、そこから黄色と緑のツートンカラーのタクシーに乗車した。

トンロー(バンコク中心部)で友人と会う約束をしていたというこの女性、タクシーに乗るまでは、その外国人の友人とラインで連絡が取れていたそうだが、タクシーに乗ってからは連絡が出来なくなったとのこと。

行き先をトンローと伝えたにも関わらず、タクシーは遠回りし郊外へ向かう。最終的にスパンブリー県(タイ中西部)の田野まで連れて行かれ、車を停めた後、運転手はその女性に暴行を加えた。その後、その場に女性を残し、タクシーは逃げ去った。

近隣住民がその女性を見つけ、通報したことよって事件が発覚。

警察は犯人の行方を追っていたが、4月26日ノンタブリー県で逮捕された
逮捕されたのは、40代のタイ人(東北部ナコンラーチャシーマー県)の男。強姦罪での前科があり、最近出所したばかりだったということだ。

Source: Matichon, thairath, khaosod

記事が気に入ったら
いいね ! よろしく

Twitter で