,

4月27日は、太陽がバンコクの真上にやって来る

頭上を太陽が通過する日 ©thairath
頭上を太陽が通過する日 ©thairath

タイ国立天文学研究所によると、この4月から5月にかけて、太陽がタイに垂直となる位置で軌道を進むため、太陽が真上を通過する。

タイ最南のヤラー県から始まり、同県ベートン郡を4月5日の12:19頃に通過。その後、太陽は少しずつ北上しながら軌道を進み、4月27日12:16頃にバンコクを通過、そして5月19日12:17頃には、タイ最北のチェンライ県メーサーイ郡で太陽が真上にやって来る。

太陽が真上にやって来る ©thairath
太陽が真上にやって来る ©thairath

太陽が真上に来るということは・・・一番暑い日なの?

太陽が地表に対し垂直となると、太陽からのエネルギーをフルで受けることになるが、その日の温度が一番高くなるかどうかは、雨量・雲・季節風の影響・大気中にたまった熱など、その他の様々な要因次第であり、必ずしも一番暑い日ということではない

タイは北緯5~20度の間の熱帯に属しており、このエリアにある国では、年に2回、太陽が頭上近くを通過する日がある。この時は、太陽が真上にあるため影がほとんどなくなる

太陽が真上に来た時の影のでき方 ©thairath
太陽が真上に来た時の影のでき方 ©thairath

タイ各地の通過日時

軌道が通過する周期はそれぞれの場所によって異なるため、タイの各県では、それぞれ異なるタイミングで太陽が頭上を通過することになる。主な場所の日時は以下の通り。

プーケット 4月10日 12:28頃
パタヤ 4月24日 12:15頃
バンコク 4月27日 12:16頃
ウボンラーチャターニー 5月1日 11:58頃
チェンライ 5月19日 12:17頃

次回、太陽がバンコクの頭上を通過するのは、今年の8月16日12:24頃とのこと。

日本では見られない現象であり、このタイミングでタイにいらっしゃる方は、太陽が頭上に来て「影がなくなる」のを体感してみてはどうでしょうか。

Source: thairath

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Written by Yuko

Yuko

北海道旭川市生まれ。大学入学を機に大阪へ。東京での商社勤務の後、夫の転勤に帯同する形で5年間のタイ生活を送る。在タイ中は主にタイ語の勉強と日本語ボランティアに勤しむ。本帰国後、タイ語-日本語の翻訳・通訳の仕事やタイ語(タイ文字)を教え始め、タイ語の面白さを改めて実感中。

タイ在住者必見!タイ人初のJリーガー出場試合を毎節FBで無料中継

スアンルム・ナイトバザール跡地の新プロジェクト「One Bangkok」 ©soimilk

スアンルム・ナイトバザール跡地の再開発プロジェクト「One Bangkok」