日本続きタイでも大型台風通過!台風25号の影響でタイ国内22県が洪水状態に・・・

台風の影響でタイ国内22県に洪水被害
台風の影響でタイ国内22県に洪水被害

今月の15日にベトナム中部に上陸した台風25号の影響で、タイは15日夜から16日にかけタイ東北部、都心部などで大雨が降り続いた。バンコクではパスポートセンターのあるチェンワタナ通りなどが冠水、都心部のプルンチット通りでは落雷で歩道の木が道路に倒れる事故も起きた。

落雷で木が倒れたプルンチット付近
落雷で木が倒れたプルンチット付近

タイの内務省によると、16日朝の時点で洪水が発生した地域はアユタヤ県の中部、コンケン県の東北部など22県。特にチャチュンサオ県とプラジンブリ県では約14万人が被害を受けており、未だに厳しい状況が続いている。

15日の朝に東部プラジンブリ県の洪水被災地を視察したインラック首相はプラユット陸軍司令官らとともに災害対策の計画し、被災者に向けて救援物資などを送り続けている。今回、洪水が発生しているのはタイの77都県中の22県で、9月17日から10月15日までに死者は61人。

下記の画像の写真はannglethの読者に提供していただいた、午後18:00頃のラムカムヘン周辺の様子。

夕方のラムカムヘン通り
夕方のラムカムヘン通り

記事が気に入ったら
いいね ! よろしく

Twitter で