制御不能になった中国の宇宙実験施設「天宮1号」をタイ空軍が追跡

制御不能になった中国の宇宙実験施設 タイニュース

制御不能になった中国の宇宙実験施設「天宮1号」が、2018年3月30日~4月6日にかけて地球に落下する予測を欧州宇宙機関(ESA)が発表しました。

タイ空軍が監視中

施設筐体の大部分は大気圏突入時に燃え尽きると予測されているが、一部の残骸が北緯43度から南緯43度の範囲(タイや日本が近い)に落ちる恐れがあるとして、タイ空軍は先日からこの衛星を追跡して最新動向を監視。なお、地球へ直撃する確率は100兆分の1以下で、1年間で雷に打たれる確率の1000万分の1とのこと。

©THAIPBS

©THAIPBS

こちらのサイトではリアルタイム追跡が確認できる。

source:thaipbs
http://www.satflare.com/track.asp?q=37820#TOP

おすすめ関連記事
ワッペン堂
沖縄観光コンベンションビューロー
yonezawashow10
traveloka
Spa & Hair LiLAC by 106Hair
横浜
レオンテクノロジー
Tokyu Paradise Park
星野リゾート トマム
the giving town
Chatwork