,

タイ南部で世界で一番大きな花『ブアプット』が咲いた

© baagklong

タイ南部のカオソック国立公園(スラータニー県)で、世界で一番大きな花と言われるブアプットが咲いた。

ブアプットはどんな花?

ブアプット(またはブアトゥーム、英語名はRafflesia Kerrii)はラフレシア科の植物で、つる性植物の根の上に寄生する寄生植物の一種。花の直径は70~80センチで分厚い花びらを持つ。つぼみでも大きめの鍋くらいの大きさがある。花の内部のお皿のような平べったいものの上には鋭いトゲのような突起物が。年に一度しか咲かず、咲くのは4~5日だけ。咲いた後は少しずつ黒く腐っていく。スラータニー県の県花でもある。

ブアプットの花
ブアプットの花
ブアプットのつぼみ
ブアプットのつぼみ

タイでブアプットを見るには…?

スラータニー県のカオソック国立公園内で見られる。毎年11月~4月まで観光できるよう開園しているが、道のりは若干大変だ。今回取材したbaagklongチームによれば、ブアプットを見られるスポットへ行くには自然が生い茂る(整備されていない)道を進むため、山に登る入口から休み休み歩いて2時間弱かかったとのこと。距離にすると片道3kmの道。

カオソック国立公園
カオソック国立公園
カオソック国立公園内
カオソック国立公園内 道なき道を進む
ブアプットにワイするbaagklongスタッフ
ブアプットにワイ(合掌)するbaagklongスタッフ

一生に一度でも見てみたいという人は、ぜひ枯れてしまう前に行ってみてください。年に一度しか咲かないのだから…

Source:baagklong, thairat

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Written by Yuko

Yuko

北海道旭川市生まれ。大学入学を機に大阪へ。東京での商社勤務の後、夫の転勤に帯同する形で5年間のタイ生活を送る。在タイ中は主にタイ語の勉強と日本語ボランティアに勤しむ。本帰国後、タイ語-日本語の翻訳・通訳の仕事やタイ語(タイ文字)を教え始め、タイ語の面白さを改めて実感中。

anngleのページ内にコメントを残す