,

今、タイで話題の「立憲革命記念プレート紛失」からタイの歴史を垣間見る

紛失した「人民党プレート」 ©soimilk
紛失した「人民党プレート」 ©soimilk

最近、タイでは立憲革命記念のプレート(マンホールの蓋のように地面に埋め込まれているもので、タイでは「人民党プレート」と呼ばれている)が紛失したと話題になっている。

「人民党プレート」とは何か?

西暦1932年(仏歴2475年)6月24日は、それまでの絶対王政から立憲君主制へと移行する「立憲革命」が起きた、タイの歴史上極めて重要な日である。

この立憲革命は、プリーディー・パノムヨン氏やピブーン・ソンクラーム氏などが率いる人民党によって決行された。

それから4年後の1936年12月10日、この立憲革命を記念して銅のプレートが作られ、チュラーロンコーン大王騎士像があるエリアの地面に埋め込まれた。

なお、この12月10日は現在の憲法記念日である。

プレートの上に記載されている内容は、以下の通り。

「2475年6月24日の黎明、ここに於いて、国家の発展のため、人民党が憲法の誕生を引き起こした」

紛失した「人民党プレート」©thailand2475(facebook)
紛失した「人民党プレート」©thailand2475(facebook)

この「人民党プレート」に何が起きたのか?

2017年4月14日、この「人民党プレート」が新しいプレートに入れ替わっているというニュースがSNS上で流れた。

区の事務所によると、この件を認識してはいるが、誰が行ったのかは分からないとのこと。

新しいプレートに入れ替わっている様子 ©thailand2475(facebook)
新しいプレートに入れ替わっている様子 ©thailand2475(facebook)

話題になっている理由

政治的な思考がどのようなものであろうと、或いは、個人の人民党に対する考えがどのようなものであろうと、今回の件は、過去の重要な出来事の証拠を破壊することで、歴史の事実を曲げる試みに他ならない。

別の見方をすると、公共の価値ある資産が、だだっ広い場所で盗難に遭ったということであり、国家の資産管理の失敗とも言える。まだ責任の所在は明らかにされていない。

今回の立憲革命の記念プレート紛失のニュースが流れたことで、バンコク都民が自国の歴史に対し、より興味を持つことになったようだ。

Source: soimilk

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Written by Yuko

Yuko

北海道旭川市生まれ。大学入学を機に大阪へ。東京での商社勤務の後、夫の転勤に帯同する形で5年間のタイ生活を送る。在タイ中は主にタイ語の勉強と日本語ボランティアに勤しむ。本帰国後、タイ語-日本語の翻訳・通訳の仕事やタイ語(タイ文字)を教え始め、タイ語の面白さを改めて実感中。

タイの綿布「パーカオマー」がファッションショーに登場 ©praew

タイの綿布「パーカオマー」がオシャレになってファッションショーに登場

バンコクのドンムアン空港からタクシーに乗ったブラジル人女性が暴行を受ける

バンコクのドンムアン空港からタクシーに乗ったブラジル人女性が暴行を受ける