タイの労働省、タイ国民全員が就労出来る環境作りを目指す

thai work タイニュース

タイの労働省は必要に応じた労働者の保護及び福利厚生の充実の下、タイ国民全員が就労出来る環境作りを目指す。

アドゥン・センシンケオ警察大将兼タイ労働相はタイの労働について番組「ドゥーン・ナー・プラテートタイ(タイの前進)」の中で、政府は国民に仕事を与えて労働面をより活性化させ、国民はそれに見合った十分な対価を得ること、及び労働の質を向上させ労働者の保護及び基本的な生活を保障する事を目指すと語った。

現在、労働省の管轄の下でタイ全土には職業訓練センターが置かれており、職業訓練や仕事に関する教育、又は仕事における安全等を含む様々な知識を教えている。

労働省が提供するサービスの中には労働者と雇用者のマッチングを図るシステム(Smart Job)が存在し、これまでに13万人もの労働者がサービスを利用、およそ8万人もの人が実際に職を手にしている。

又、労働者の最低賃金の比率を5%アップさせる、 タイで130万人以上働いているとされる外国人労働者の職歴をまとめ、労働者の情報を整理するほか妊娠中の女性や身体障害者、高齢者に対する基礎的な保証制度の向上などを実行する。

アドゥン労働相は現在のタイ国内の労働人口はおよそ3800万人で非就職者は100人に1人の割合のおよそ40万人いる。政府は今後現場や他の全てのアドバイスを受け、タイの労働環境の発展を目指して政策を改善するのに用いたいと語った。

https://news.mthai.com/general-news/637898.html/amp

おすすめ関連記事
星野リゾート トマム
yonezawashow10
レオンテクノロジー
Chatwork
横浜
Tokyu Paradise Park
ワッペン堂
traveloka
沖縄観光コンベンションビューロー
Spa & Hair LiLAC by 106Hair
the giving town