in

タル島でシュノーケリング中に全長4m超のジンベエザメに遭遇

タル島で遭遇したジンベエザメ ©matichon

タイ中南部に位置するプラチュワップキーリーカン県で5月7日、サンゴを見に遊覧船でタル島(Koh Talu)付近を訪れ、シュノーケリングを楽しんでいた観光客が、偶然全長4mを超える巨大なジンベエザメに遭遇した。

ジンベエザメと観光客 ©Thai PBS

ジンベエザメは1時間ほど観光客の近くで泳いでおり、観光客は至近距離でジンベエザメとの記念写真を撮ることができたようだ。

タル島で遭遇したジンベエザメと記念写真 ©thairath

ジンベエザメは人間に危害を加える動物ではないこと、また、タイ湾の生態系・海洋資源の豊かさが今回の件からも伺えると、同県の海洋資源保全の担当局長は話している。

尚、この付近では5月1日にも全長約5mのジンベエザメが確認されており、同じ群れのジンベエザメの可能性もあるとのことだ。

Source:Thai PBS, matichon, thairath(photo)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Written by Yuko

Yuko

北海道旭川市生まれ。大学入学を機に大阪へ。東京での商社勤務の後、夫の転勤に帯同する形で5年間のタイ生活を送る。在タイ中は主にタイ語の勉強と日本語ボランティアに勤しむ。本帰国後、タイ語-日本語の翻訳・通訳の仕事やタイ語(タイ文字)を教え始め、タイ語の面白さを改めて実感中。

日本の回転寿司に感化されたタイのローカル屋台

タイ南部ハジャイで開催された「バルーンフェスティバル」