,

子育てとアイスクリームの移動販売を両立させる父親

生計を立てるため、男手一つで奮闘する姿に応援の声が相次ぐ

「子供部屋」付きの、アイスクリームの移動販売用バイク
「子供部屋」付きの、アイスクリームの移動販売用バイク

タイ北部のチェンライ県で、子供の面倒を見ながらアイスクリームの移動販売で生計を立てている父親に応援の声が相次ぎ、話題となっている。

何と言っても目を引くのは、アイスクリームの移動販売用のバイクに小さな「子供部屋」がついていることである。

子供は男の子で、まだ1歳と幼い。

アイスクリームの移動販売を行いながら子育てをする
アイスクリームの移動販売を行いながら子育てをする

子育てと移動販売を両立させなければならない理由

この父親は以前、建築関係の仕事をしていたが、子供が生後3か月の時に母親が家を出てしまい、自分が仕事をしながら子育てもできるようにと、今のアイスクリームの移動販売に転職した。

誰も預けられる人はおらず、ベビーシッターを雇う金銭的余裕もないことから、移動販売の際も常に子供と一緒。

この細い針金で編んだ網でできた、小さな「子供部屋」は、日除け・雨除け・蚊除けの効果もあり、中には粉ミルク・薬・紙オムツなどが常備されている。

父親の奮闘ぶりに応援の声が

子供の世話とアイスクリーム販売を同時にこなさなければならないが、今はあまりアイスが売れず、借金も抱えており苦労しているそうだ。

そんな状況でも、男手一つで子育てにも奮闘するこの父親の姿に、SNS上では称賛・応援の声が相次いでいる。

Source: sanook!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Written by Yuko

Yuko

北海道旭川市生まれ。大学入学を機に大阪へ。東京での商社勤務の後、夫の転勤に帯同する形で5年間のタイ生活を送る。在タイ中は主にタイ語の勉強と日本語ボランティアに勤しむ。本帰国後、タイ語-日本語の翻訳・通訳の仕事やタイ語(タイ文字)を教え始め、タイ語の面白さを改めて実感中。

anngleのページ内にコメントを残す

「外国人研修制度」の現実 by the MATTER

タイ人から見た日本の「外国人研修制度」の実態

タイはサウジに敗戦

タイはサウジに敗戦、次は埼玉で日本戦!サッカーW杯最終予選