,

タイ東北部で大きな『ひょう』が降る

卵の大きさほどの『ひょう』に、地元ルーイ県の人たちもビックリ

タイ東北部で降った、大きな『ひょう』
タイ東北部で降った、大きな『ひょう』

3月16日午後2時頃、タイ東北部のルーイ県で、暑季に発生する暴風雨により大雨が降り、エラワン郡という地域では、卵の大きさほどの大きな『ひょう』が30分以上降り続いた

卵の大きさほどの『ひょう』
卵の大きさほどの『ひょう』

これにより、車1台のフロントガラスが割れ、何軒もの家の屋根を貫通する被害が発生したが、怪我人が出なかったのは幸い

この様子を見ていた地元民によると、こんなに大きい『ひょう』が降って来たのは初めてとのことで、記念撮影をした人もいたようだ。

Source: thairat

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Written by Yuko

Yuko

北海道旭川市生まれ。大学入学を機に大阪へ。東京での商社勤務の後、夫の転勤に帯同する形で5年間のタイ生活を送る。在タイ中は主にタイ語の勉強と日本語ボランティアに勤しむ。本帰国後、タイ語-日本語の翻訳・通訳の仕事やタイ語(タイ文字)を教え始め、タイ語の面白さを改めて実感中。

anngleのページ内にコメントを残す

©pptvthailand

バンコクの鉄道延伸工事現場から鉄の塊が落下

トゥクトゥク

トゥクトゥクの現在